社内で起きていたイジメの真実と代償

オフィス

 

所属する会社の同じ部署に、

複数人からイジメられている女性がいた。

 

最初はそんな気持ちは無かったのだが、

 

周りがその女性をイジメていたので

俺もつい同じ事をやっていた。

 

すれ違いざまに「気持ち悪い」、

遠くに見かけると「気持ち悪い」、

 

そう叫んで小走りで立ち去る。

 

その女性と俺達はフロアこそ違ったが、

 

昼休みには大きな声で「あいつ気持ち悪い!」

などと言っていたので、

 

同じ事をする奴らがどんどん増えた。

 

ところがある日、

 

イジメていた中心人物の何人かに

彼女からメールが届いた。

 

気持ち悪いとはしゃぎながら、

誰かが大きな声で読み上げた。

スポンサーリンク

俺自身も不気味な集団に入っていた・・・

その女性からのメールには、

 

『ブオトコにまとわりつかれて迷惑だ』

 

と書かれていた。

 

そして人事に相談し、

名前も出したとも書いてあった。

 

さらに俺が衝撃を受けたのは、

その後に書いてあった一文だった。

 

『私はあなた達と口を利いたこともない』

 

(・・・え?!こいつら、

あの女を知っているわけじゃないの?)

 

そして、まだメールは続いた。

 

『私の夫は美形で云々・・・

管理職で云々・・・』

 

そのあたりで皆が逃げるように、

 

その女性のいるフロアから

自分達のフロアに戻って行った。

 

俺は彼女の夫が同じ会社だったことも、

そして管理職だったことも、

 

ましてや美形だなんて知るわけがなかった。

 

多分、他の奴らもそうだと思う。

 

そして、まだ衝撃が続く。

 

彼女は病気だったのだ。

 

その手術のために、

その後しばらくして姿が見えなくなった。

 

ほっとしている矢先に、

 

なんと彼女の夫がすぐ近くのフロアに

部署ごと移動して来たのだ。

 

その見かけた夫の姿は、

 

部下を引き連れて一際華やかで、

背も高くて堂々としていた。

 

俺達の仲間が皆不細工なことに、

俺は初めて気がついた。

 

同じ食堂で見かけるのがイヤで、

その日から食堂を使えなかった。

 

気がつくと、

周りもそのようだった。

 

ところが・・・

 

退院して他の部署に異動した彼女の所に、

無言電話やわざわざ近くに行っては、

 

彼女の側で「気持ち悪い」と言い続け、

その部署の人達に追い払われた奴もいた。

 

そして最後のダメ押しに、

 

彼女はある有名会社に勤めていたのを

夫の転勤のために夫のコネで入社し、

 

俺達のことを『田舎会社の馬鹿ども』、

とまでメールに書いて苦情を送ってきた。

 

彼女の夫は中国工場の立ち上げプロジェクトで

社内の表彰を受けた。

 

それを俺達は恐々と聞いていた。

 

なぜなら、

俺達の部署が中国へ移るという。

 

そのプロジェクトのパーティで、

彼女とその夫を見かけた。

 

彼女は普通の人というより、

 

この会社では見かけないような

魅力的な人だった。

 

俺達の知らない仲間に囲まれ、

そして楽しそうに笑っていた。

 

俺達は口を利いたこともない

病気の女性に対して、

 

意味もなくまとわりついて怖がらせた

不気味な集団だったのだ。

 

いい歳して結婚していない奴・・・

妻に逃げられた奴・・・

 

気がつくとそんな奴らの集団の一員に、

俺自身も入っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “社内で起きていたイジメの真実と代償”

  1. 運転代行業者 より:

    自業自得‼

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ