優秀な者しか存在しない大地主一家の秘密

屋敷

 

これは、上京してきた友人に聞いた話。

 

友人は山奥の集落のような村に住んでいたそうで。

 

その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人からは「様」付けで呼ばれるほどの崇拝染みた扱いを受けていた。

 

当時友人は、その一家を異常だと思っていたという。

 

その理由は、あまりにも“完璧”だったから。

 

少し興味があったので「何故?」と聞くと、友人は自分が体験したことや聞いたことを話してくれた。

 

集落での友人の立場は中の上ぐらいだった。

 

村の年寄りは皆が大地主のことを崇めるらしい。

 

友人は言う。

 

「気に食わないが、あいつらは皆かなりの実力を持っている。テストはほとんど満点で成績もトップ。運動神経も良くてマラソン大会では常に1位だった。

 

でも異常なんだ。少なくても30年以上完璧な奴しかいないんだ。大地主一家は多産で兄弟が多いのに。その中には一人くらい駄目な奴がいてもいいじゃないか」と。

 

私は「実は色んなところから連れて来ているとか?優秀そうな子を」と言った。

 

すると、友人はこう返答した。

 

「いや、大地主のところに子供が生まれると、必ず小さな祭りが行われる。確かに20歳ぐらいで都会に行く人もいるが、彼らも年末年始には帰って来て、皆の前に現れるんだ。

 

むしろ家に留まっている奴らの方が怪しかった。ほとんど顔を出さないんだ。年末年始にもちょっと襖の隙間から顔を見せるくらいで。

 

家の中で村をまとめる重要な仕事をしているらしいんだが、どうも怪しかったし、出て行った人より能無しっぽいんだ。

 

まあ…と言うか、見ちまったんだけどな

 

友人はそう言うと、顔を暗くしてため息を漏らした。

 

あれは、思い出したくないものを思い出した時の顔だった。

 

そして友人はゆっくりと語り始めた。

 

「大地主一家の一人が亡くなり葬式をした日のことなんだが…。俺はまだ未成年だったが、目をつけられて日本酒を飲まされたんだ。当然、酔い潰れた。

 

そして大地主の家に一晩泊まることになって、夜中に目が覚め、起きてトイレに向かったんだ」

 

大地主の家は広く、薄暗く、友人は慣れていなかったので迷ったらしい。(若干酔っていたせいもあると)

 

トイレの場所がわからなくなり、とりあえず元来た道を引き返そうとすると、後ろの方から『ペたっ、ペたっ、ペたっ』と足音のような音が聞こえた。

 

ただ、足音のようでも歩いている音とは少し違った。

 

どちらかと言えば、弾んでいるような音、それが近づいて来る。

 

『ぺたっ、シュリ、ぺたっ、シュリ、ぺたん』

 

近づくにつれて何かを擦るような音も聞こえ始め、怖くなって近くの物入れの中に隠れて様子を見る。

 

物音の正体は人だった。

 

安心してトイレの場所を聞こうと思ったが、飛び込んできた恐怖で体が止まる。

 

その人は黒装束を着ていて、顔には能面のようなものを付けており、足が片方無く、しかし手には足が一本握られていた。

 

あまりの光景に息もできなかった。

 

それが幸いしたのか、黒装束をまとった人に見つかることもなかった。

 

その人は片足で『ペタンッ、ペタンッ』とケンケンをしながら奥に消えて行った。

 

その夜は一睡もできず、布団の中で震えた。

 

早朝、昨晩の出来事は大地主一家に話すか話さないか迷ったが、好奇心に負け、大地主一家で最も信頼できる人に話す。

 

すると、「本当か!?ちょっと待っててくれ」と言って奥の方に走って行き、5分ほどで戻って来た。

 

「すまなかった。見てしまったんだな…。できれば忘れて欲しいが、直にアレを見てしまったのでは無理だろう。今日はもう帰りなさい。後で話すがトラウマは少ない方がいいから」

 

そう言われて帰された。

 

2日後、その人と話をしたが、信じ難い内容を聞かされる。

 

あの黒装束を着た人は、代々大地主一家に取り憑く”幽霊の類”だそうで。

 

ソレが単体で何かをするわけではないが、ある条件の人に取り憑き、ある条件の人にあることをするという。

 

その条件は聞けなかったが、想像に難くなった。

 

幽霊は“脱落者”に取り憑くのだろう。

 

そして脱落者の候補に、脱落者の烙印を押すのだと。

 

おそらく脱落の条件は成績が芳しくない一族の者で、烙印は黒装束が持っていたものだろう。

 

これで大地主一家の優秀さがわかった。

 

彼らは必死になって努力していた。

 

報われた者は秀才として家を出て行き、報われない者は家に留まる。

 

言い換えれば、家から逃げ出せた者と、烙印を押されたが為に逃げ出せない者。

 

脱落者は家の中に隠されたまま存在するだけで、他人と話すことがないから周りの人は”優秀な人しかいない”と感じる。

 

友人は「村の年寄りは全部知っているらしいが」と付け加えた。

 

私は「そんなことを他人に話しても大丈夫なのか?」と聞いてみた。

 

友人の返答はこう。

 

「話してもアレを見ていない人は信じないだろ?それに大地主一家は色んなところにパイプを持っている。選挙なんて大地主が入れた人が確実に当選するらしいしな。

 

ちなみに俺が見た時は脱落した奴がこの前死んだよ。若かったし多分発狂したんじゃないかな。話してくれた人も顔が傷だらけだったし、俺でもエリートから脱落して引きこもりを強いられたら狂っちまうよ。

 

それにあの家の東側は誰も行けないようになっているんだが、たまに小さな悲鳴が聞こえるからな。アレの存在で全てが繋がったよ。

 

俺のクラスに三男がいたんだが、マラソン大会でゴールした後にぶっ倒れて救急車に運ばれて行ったんだ。俺はそこまで必死になるのが理解できなかったんだが、今ならわかる」

 

友人はその後も、その一族の武勇伝のようなものを次々と語った。

 

本人は気に食わないと言っていたが、その口調は一族を称えているようにしか聞こえなかった。

 

知らず知らずのうちに崇拝されるようなカリスマがその一族にはあるのか、または霊的なもので洗脳されるのか。

 

私は後者に感じた。

 

実際に今でも友人は大地主一家と交流があり、「彼らにはお世話になりっぱなし」と言う。

 

「何より、脱落した人としていない人とでは話し方が全く違う。アレを見た時から彼らを見る目が変わったよ」

 

そう笑顔で話す友人を見て、私は恐怖を覚えた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ