織姫と彦星は毎年会うことが出来ない理由

七夕 織姫と彦星

 

オカルト要素は一切無いが、七夕にまつわる現実的な怖い話を。

 

織姫(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)は1年に1回会うのが定番となっていますが、2人の間の距離は最大で『約14.4光年』も離れています。

 

光が1年間に進む距離が1光年で、光の速さは毎秒30万キロメートルです。

 

物体では秒速30万キロメートル以上を出すことは不可能だとも言われています。

 

そのことから、織姫ないし彦星がどんなに限界スピードの速さで相手に会いに行ったとしても、『約14年』かかってしまいます。

 

たとえ2人の距離のちょうど真ん中で待ち合わせをしたとしても、出会えるまでに『約7年』かかってしまいます。

 

もし、織姫と彦星が実際に会ってしまった場合、2つの星が衝突することになり、それこそ想像を超える『宇宙規模の大爆発』を起こしてしまう可能性もあるのです。

 

織姫と彦星の2人は遠く離れて見つめ合っている方が、我々地球に住む生き物にとっては都合がいいのです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ