深夜の迷惑な訪問者を罠に嵌めようと

ドアノブ

 

6年前、古くて小さなアパートで一人暮らしをしていた時の出来事。

 

入居して半年ぐらいが経った頃、深夜にピンポンとインターホンが鳴り、その音で目が覚めた。

 

しかし、動くのが面倒だったし、訪ねて来るような知り合いもいなかったので、どうせイタズラだろうと無視をした。

 

その後も何度か同じような事があり、頭にきたのでドア越しに「うるせーよ!!」と怒鳴った。

 

そしたら、しばらく来なくなって安心していたが、忘れた頃にまたやって来た。

スポンサーリンク

悪知恵を働かせる

今度はインターホンを鳴らすのではなく、玄関のドアノブをガチャガチャとする。

 

また怒鳴ったが、次の日もその次の日もやられたので警察に相談しようかと思ったが、”ある事”を思いついた。

 

寝る前にドアノブに瞬間接着剤を塗り、ヤツの手がくっ付いて身動き取れなくしてから警察を呼んでやろう、と。

 

これなら確実に捕まえられると思い、実行した。

 

その日はなんだか逆にワクワクしてしまって、深夜も寝ないでヤツが来るのを待っていた。

 

そして深夜4時頃。

 

忍び足だが、確かに誰かが玄関に近づいてくる気配を感じて、「お、来たな!」と笑いを堪えていたら、ガチャガチャガチャガチャガチャ・・・・・・。

 

いつもならガチャガチャと2回くらいして去って行くのだが、その時は何度もガチャガチャしている様子からも、ヤツはかなり焦っているようだ。

 

俺はヤツが罠に嵌った事が嬉しくなり、ドア越しに「バーカ!今から警察呼ぶからおとなしく待ってろや!」と言うと、ヤツはガチャガチャするのをやめて静かになった。

 

観念したと思い、110番で事情を話したら来てくれるとの事。

 

10分ぐらいして警察が来たのだが、何やら様子がおかしい。

 

インターホンがピンポンと鳴り、「警察なので開けてください」と言われたのでドアを開けたが、なぜか警察の人間しかいない。

 

「あれ?ヤツはどこへ行ったんですか?」

 

警察に促されて外のドアノブを見てみると、何者かの剥がれた皮膚が真っ赤に生々しく残されていた。

 

後日、怖くなってそのアパートは引っ越したが、未だにヤツは捕まっていないという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ