消えてしまったクラスメート

教室

 

小学3年生の時に転校してきたサキちゃんから聞いた話。

 

サキちゃんがまだ1年生だった頃、とても仲の良いユキちゃんという女の子がいた。

 

ある日、ユキちゃんが学校に宿題を忘れてしまったらしい。

 

忘れ物に気が付いたのは夕方だった。

 

一人で取りに行くのは怖いからと、サキちゃんも付いて行くことになった。

 

学校に着くと、ユキちゃんは教室に宿題を取りに入り、サキちゃんは教室のすぐ外で待っていたらしい。

 

けれども、何分経ってもユキちゃんが教室から出てこない。

 

不思議に思って教室の中を見たら、ユキちゃんは居なかった。

スポンサーリンク

そんな子はいない

教室のドアは閉まっていたし、開けたら音ですぐに分かるから、気付かれずに出ることは出来ない。

 

教室にベランダはなく、窓も全部閉まっていた。

 

怖くなったサキちゃんは、そのまま家に帰ってしまった。

 

次の日、学校に行ったら教室にはユキちゃんの机が無かった。

 

担任の先生にユキちゃんのことを訊いてみたら、「そんな子はいない」と言われてしまった。

 

同じクラスの子に訊いてみても、答えは同じ。

 

それでも信じられなかったサキちゃんは、帰りにユキちゃんの家へ行ってみたが、そこは空き地になっていた。

 

サキちゃんの話はここで終わった。

 

この話をした次の日、サキちゃんは急にいなくなった。

 

転校をしたという話はなかった。

 

担任の先生に訊いたら、「そんな子はいない」と言われた。

 

「サキちゃんがした話と一緒だ!」と思って、一緒に話を聞いていた子達にサキちゃんの事を訊いてみた。

 

すると、一人はサキちゃんを覚えていたけれど、他の子達はサキちゃんを知らないと言った。

 

今ではそうでもないけれど、当時はとても怖かった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ