夫の窮地を助ける妻の勘

包帯

 

友人の話。

 

彼は来週にせまった山登りのために自宅で準備をしていた。

 

妻は毎度の彼の行楽に少々呆れていたようにみえたが、一緒に荷造りを手伝ってくれたそうだ。

 

登山二日目、彼は水にあたったのか、ひどい下痢に見舞われた。

 

脱水症状になり疲労困憊。

 

救急セットの中に何か使えるものはないか漁っていると、入れた覚えのない整腸剤が入っている。

 

服用すると少し楽になり、歩き出すことが出来た。

 

家に帰って妻にその事を言うと、自分が入れたと言う。

 

「なんとなく必要になる気がしたの」

 

彼の妻は度々その妙な勘の冴えを発揮し、家に居ながら彼の窮地を何度も助けているそうだ。

 

他にもこんな話がある。

 

いつものように山登りの準備を万端に整えた夜の事。

 

彼が地図を眺めて明日のルートをおさらいしていると、玄関で物音がした。

 

そっとドアを開けて覗くと、寝ていたはずの妻がごそごそと何かしている。

 

「なにしてるの?」

 

「うん・・・なんとなく。入れといた方がいいかなって思って」

 

寝ぼけ眼の妻が、ザックに包帯やらガーゼやらを詰めていた。

 

一体いくつ入れたのか、ザックはボコボコに変形し膨れ上がっている。

 

(これが必要な事態って一体どんな状況なんだ?)

 

ゾッとした彼は、その登山を取り止めたそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ