ある時から幽霊が見えるようになった

街並み

 

俺のばあちゃんの話。

 

ばあちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに「おばあちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」と言っていた。

 

実際に俺が霊体験をしたわけではないが、ばあちゃんの話は印象に残っている。

スポンサーリンク

幽霊というのは知らん振りをすれば・・・

ばあちゃんが幽霊が見えるようになったのは、15歳の頃からだったらしい。

 

ばあちゃんは元々福岡に住んでいて、福岡大空襲の後に見えるようになったと言っていた。

 

空襲が終わった後、辺りは一面の焼け野原。

 

ばあちゃんの両親も亡くなって、これからどうしようと途方に暮れていた時、一人の大怪我をした男の人を見つけたそうだ。

 

急いで近づいたけれども、どう考えても生きていられるような傷ではなかった。

 

両腕は吹っ飛び、脳みそがはみ出ている。

 

「痛い・・・、痛い・・・、お父さーん、お母さーん・・・」

 

ずっと泣き叫んでいる。

 

ばあちゃんはその男の人の体を掴もうとするが、なぜか掴めない。

 

話かけても反応しない。

 

そのうち、ばあちゃんも怖くなり、走って逃げたらしい。

 

ばあちゃんは、「その日から幽霊が見え始めた」と言っていた。

 

外を見れば、体中から血を噴き出して叫んでのた打ち回っている人や、焼け爛れた体でひたすら助けを求める人、頭が無いのに動いている人など、最初は地獄だったそうだ。

 

空襲が終わった後、どうにか親戚に身を寄せることが決まっても、幽霊は見え続けた。

 

でも、それは絶対に言えなかった。

 

「幽霊が見える」なんて言ったら、すぐに異常者扱いされるような時代だった。

 

でも、ばあちゃんもなかなか強い女で、段々と幽霊も見慣れてきたらしい。

 

足が無かろうが、頭が吹っ飛んでようが、あまり怖くなくなった。

 

ばあちゃんいわく、幽霊というのは知らん振りをすればあまり関わって来ないらしい。

 

下手に近づく方が危ないのだと。

 

最初に見た頭が吹っ飛んでいる人にも、相当長い間付きまとわれたらしい。

 

そんなある日、だいぶ町並みもまともになってきた頃、ばあちゃんは一人の知り合いの男の子を見つけたそうだ。

 

その男の子は近所に住んでいてよく遊んであげた子。

 

でも本当は死んでいるはずの男の子だった。

 

両腕が無くなった痛々しい姿でばあちゃんを見ると、「お姉ちゃーん!」と大きい声で叫んだ後にっこりと笑った。

 

でも、幽霊の怖さを知り始めたばあちゃんは、知らん振りをし続けた。

 

それからそこを通る度、絶対に返事をしないばあちゃんに向かって「お姉ちゃーん!」と叫び続けていたそうだ。

 

「幽霊が見えるようになって随分経つけれど、あの子はまだあそこにいるんだろうね・・・」

 

ばあちゃんは寂しそうに俺に言った。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ