気占いのフーチを真似てみた結果

フーチ

 

この話は俺が中学生の時の事だ。

 

ネット用語に”厨二病”という言葉があるけれど、まさにそれだったと思う。

 

後から思い出してみれば、どうしてこんなことをしたのか自分でも分からない。

 

きっと何かに取り憑かれていたのだろう。

スポンサーリンク

霊的なものに興味を持ったのだが・・・

さて本題だ。

 

あなたは『フーチ』というのを知っているだろうか?

 

簡単に説明すると、フーチとは「気」の測定方法の一つで、振り子やL字型の棒を使って、地下の水脈などを探し当てる技術。

 

他にも、ダウジングなどが挙げられる。

 

振り子に質問を投げかけると、霊的作用や波動パワーなんかで振れ方が変わり、振り子が答えてくれるというものだ。

 

俺は当時、霊感というものになぜか興味があって、気や魔法なんかも使えると思っていた。

 

そういったわけで、これを作って遊んでいた。

 

俺が作ったフーチは実際の物とは多少違ったけれど、これがなかなかの的中率だった。

 

調子に乗った当時の俺は、何を考えたのか恐ろしいことを始めた。

 

「俺は○○高校に合格する?」とか、「○○は俺のことが好き?」とか、半ばこっくりさんのようなことを始め出した。

 

実に愚かな行為だ。

 

さらに何を思ったか、もっと変なことを訊き始める。

 

「俺には守護霊が憑いているの?」とか、「俺にも霊感があるの?」など、霊的なことを訊き始めた。

 

別にフーチにこんな質問をしてはいけないという決まりはないけれど、冷静に考えたらやめた方がいいのは明らかだ。

 

ちなみに、振り子の答えはイエス。

 

霊感に興味のあった俺は、その答えに何やら嬉しくなっていた。

 

だが、ここで問題が起きる。

 

誰も居ないはずの台所から音がする。

 

プツ・・・プツ・・・と、ビニール袋に穴を開けるような音だ。

 

もちろん台所にビニール袋はある。

 

買い置きの玉ねぎをネズミか何かが漁っているのだと思い、俺は台所に行って明かりを点けた。

 

しかし、音は止まらず。

 

耳障りなので、ビニール袋を蹴飛ばしてネズミを追い払おうとした時だった。

 

何かが変だ。

 

ビニール袋からは鳴っていない。

 

鳴っているのは”空間”だった。

 

ビニール袋の上の辺りの空間が、プツ・・・と鳴っている。

 

俺はここで事の重大さに気付く。

 

ラップ音か?!

 

初めて聞くラップ音に驚き、大事をやらかしたことに気づくが、俺はもっと大事をやらかす。

 

「臨・兵・闘・者・皆・陣・裂・在・前!」

 

俺は、あろうことか霊にケンカを売った。

 

音が鳴っている空間に向かって”九字”を切ったのだ。

 

もちろんその時は良いと思ってやった。

 

九字には魔除けの力があると聞いたからだ。

 

しかし、俺が九字を切ったところで何が起こるわけでもなく、ラップ音は続き、俺は怖くなったので部屋に戻った。

 

部屋に戻っても、台所からの音は途絶えなかった。

 

時刻は深夜3時を回っており、俺は布団を被ってすぐに寝ることにした。

 

それから一ヶ月の間は、俺自身が一週間も寝込んだり、親がいきなり原因不明の痛みで苦しみだして急遽病院に行ったり、自転車で転倒したりと、怪我や病気が絶えなかった。

 

さらには、食器がカタカタ鳴ったり、天井裏を子供が走る音など、恐ろしい現象が度々あった。

 

俺は、死後の世界も霊も無いと思いたい。

 

人間は何も無いところから細胞として生まれ、最後はカルシウムやリンの塊となって終わる。

 

ただそれだけのことだと思う。

 

でもこれに限らず、時々こういう不思議な霊的体験がある。

 

正直、怖い。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ