黒い髪のジェニー人形

人形

 

昔、父には愛人がいた。

 

数年後、母(父の妻)にバレて別れる事になったのだが、それが原因でその愛人さんが精神的に不安定になり、私や私の姉達の通学路に立っておかしな言動をするようになった。

 

姉達は彼女を最初から徹底して無視していたのだが、私はなんだか可哀相に思えたので、当り障りのない受け答えをしていた。

スポンサーリンク

貰った人形に隠された秘密

すると、「○○ちゃんだけはいい子なのね」と、私にジェニー人形をくれる様になり、オモチャも服も全てお下がりばかりだった末っ子の私には、古いリカちゃんではない真新しいジェニーがとても嬉しく、内緒で受け取って親に隠していた。

 

でも、愛人さんは頭がおかしいものだから、こちらの都合も考えずに尋常じゃない数を通学路で押し付けてくる様になり、さすがに怖くなって彼女を避ける様になった。

 

彼女の姿を見かけなくなったので、通学路を元に戻したある日の朝、以前の焦った様な雰囲気ではなく、至って冷静で表情の薄い彼女に遭遇した。

 

つばの大きな帽子を被り、ボストンバッグ2つとオモチャの箱を抱えていた。

 

「遠くに行かなくちゃならなくなったので、お別れに受け取って」と、当時は見た事がなかった黒髪のロングヘアーのジェニーをくれた。

 

早速学校に行き、その珍しい黒髪のジェニーを皆に自慢して有頂天になっていたら、男子の一人が奪って箱からむしり出し、首を引っこ抜いてしまった。

 

女子数人がジェニーを男子から取り返してくれた。

 

そのジェニーの顎下からは、黒い毛がボウボウとはみ出ていた。

 

気の強い女子の一人が毛束を摘んだら、最初に固く丸めた毛の塊がポコンと出て、次にゾロゾロととても長い毛が現れ、頭皮から毛束が連動してゾロゾロと抜けた。

 

その毛の毛根には血が付いており、切り髪ではなく抜いた人毛だった。

 

囲んでそれを見つめていた一同は、恐ろしくてめちゃくちゃに叫んだ。

 

気持ち悪くて、そして怖くて、私も皆もいたずらした男子も泣き出してしまい、次の授業が潰れるほどの大騒ぎになった。

 

その日の学級会で、「○○さんが通学路で知らない女の人から貰った人形に、人の毛が詰まっていて怖かった件について」を話し合い、「知らない人から物を貰わない。変質者には気を付ける」で話がついた。

 

先生にも母にも父にも、『その変質者は父の元愛人』とは言えなかった。

 

未だにジェニー、特に黒い髪のジェニーはまともに見ることも出来ない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ