不義の子は3代に渡って祟られる

藁人形

 

私の地域では、『不義の子は3代祟る』という言葉がある。

 

不倫など人の道に外れた事をすると子孫まで不幸になる、という意味だ。

 

これは祖父の代の話。

スポンサーリンク

略奪婚の代償

近所に同世代の夫婦がいた。

 

祖父達は子供が死産続きで生まれなかったので、その夫婦から女の子(A子)をもらった。

 

このA子は、夫が戦争へ行っている間に妻が押し入ってきた男に犯されて出来た子供だった。

 

この地方では『しょのみ子』といって、子供が出来ない女性でも、子供をもらうと自分の子供が出来るという事が起き、私の父や叔母が生まれた。

 

だが、祖父母は養女のA子を実の子以上に可愛がっていた。

 

そしてA子は近所で評判の美人に成長した。

 

A子が20歳になった時、悪評の高い男が彼女に近づいた。

 

男は妻子持ちだったにも関わらずA子を誘惑し、二人は不倫関係になった。

 

痴情のもつれの末に、男は妻と子供を捨てて離婚。

 

そして両親の反対を押し切り、A子は結婚した。

 

いわゆる“略奪婚”というやつである。

 

数年後、娘を一人もうけたが、男はやはりまた浮気をしてしまった。

 

悲嘆に暮れたA子は、娘が1歳の時に自殺をしてしまう。

 

娘は近年まで、成仏出来ない母親A子の霊障に悩まされる事になる。

 

そして大人に成長したA子の一人娘もまた、離婚をした。

 

A子の父親違いの妹は、3度も離婚している。

 

結局は3代に渡って祟られ、決して幸せになることはなかった。

 

さらには、A子の娘にもまた娘がいて・・・。

 

彼女の暗い目を見ると、将来がとても心配になる。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ