呪われた401号室

部屋

 

私はマンションの管理会社に勤めている。

 

この仕事を長くやっていると、色んな部屋にまつわる不思議な事に遭遇する。

 

会社はマンションを12棟ほど所有していて、管理にあたるのはほぼ私一人。

 

会社の本体は別事業をやっており、儲けた分を競売物件につぎ込み増やしている。

 

したがって、安く中古物件を購入する為、古くていわくつき物件が多数ある。

 

その物件の一つのでの不思議な話。

スポンサーリンク

長期空室となっている部屋

その物件は、築25年程のKマンション。

 

うちに物件が回ってきたのは3年前。

 

単身用のワンルームタイプ。

 

競売物件は前オーナーが夜逃げ状態で、物件資料の不備が大量にあった物件。

 

入居者契約書やら家賃の入金状況もわからない箇所が多くあった。

 

なんとか調べてみると、競売物には珍しく入居状況は良好で、空き部屋は3つ。

 

うち2つは半年程空室。

 

しかし401号室のみ、かなり長期空室。

 

401号室は角部屋で日当たりも良好なはずなのに、長期空室はちょっとおかしいなと感じた。

 

早速空室の点検に向かうと、2つの部屋はリフォームアップされていたが、問題の401号室はそのままだった。

 

前オーナーが金策に困り、そのままの状態で放置したものと考え部屋を物色。

 

部屋は典型的なワンルームで、玄関を入るとユニットバスとキッチンがあり、中扉を開けると部屋。

 

窓が右手にあり、奥にベランダ。

 

部屋には小さなタンスに、3段ボックスとテレビが2台。

 

押入れには布団とごちゃごちゃした小物。

 

ちょっとした物置状態だった。

 

廃棄物代がかかるなぁと舌打ちしながら色んな物を漁っていると、霊感ほぼ無しの私が突然人の視線を感じる。

 

生活臭の残っている夜逃げ部屋では、たまに違和感を感じる事はあるが、妙に気持ち悪い。

 

しばらく部屋にいると、どうやら壁に掛けてある古い姿見の鏡から視線を感じる。

 

その姿見は壁に張り付けてあって移動が出来ない。

 

これはちょっと嫌な部屋だなと感じながら、鏡は見ないように作業を続ける。

 

最後に室内の写真を撮り終え帰社した。

 

早速リフォーム業者に連絡を入れ、リフォームアップを待つことに。

 

数日後、リフォーム会社の業者から電話。

 

「Sさん言い難いんやけど、あの部屋なんかありますよ」

 

「どないしたんですか?」

 

内心、やっぱりな・・・と。

 

「申し訳ないですけど、今職人と私、401にいるから来てくれます?」

 

現地に行ってみると、例の姿見の事らしい。

 

「Sさん、ちょっと裏側を見てもらえます?」

 

恐る恐る裏を見ると、数枚の御札が・・・。

 

それも、半分煤けている感じ。

 

ちょっと予想していたが、かなりビビってしまった。

 

しかも、職人一人が急に頭痛がして帰ってしまったとの事。

 

「Sさん、色んな現場入ったけど、ここは気色悪いで。実はわしもさっき姿見動かした時、鏡に人影見たで」

 

さすがに洒落にならないので、取引のあるお坊さんを呼んで、業者と職人と私にお経を詠んでもらい、とりあえず無事に終わった。

 

リフォームアップが完了し、入居者募集開始。

 

少し家賃設定を低くしたせいもあって、1ヵ月もしないうちに入居者が見つかった。

 

入居者は50代前半の女性。

 

あまり詳しくは書けないが、以前長期入院をしていて居住保護の方だった。

 

入居日は福祉関係の人と一緒に来ていて、物腰の柔らかい感じのいいおばちゃん。

 

数日何事もなく過ぎ、401号室の事もすっかり忘れたある日、隣の402号室に入居中の女性から電話があった。

 

内容は、夜間に隣のおばちゃんが訳の分からない事を叫び、壁を叩くとの事。

 

こちらで他の入居者などに聞いてみると、内容はこんな感じだった。

 

夜間、突然廊下に出てきて、「天井から出てきて見てる!」、「ここの住人は淫乱で男をたくさん連れ込んでる」、「○○より私を睨んで監視している」、「監視だけじゃなく強要もされている」、「ここは遊郭や」等、意味不明な事を叫んでいるらしい。

 

夜中にベランダから同じような事を叫ぶため、数回警察が来ているらしかった。

 

昼間に401号室を訪ねてみると、おばちゃんは別人の様に変わり果て、目だけが異常に鋭くなっていた。

 

話をすると、「朝から晩まで天井から監視されるので眠れへんのや・・・」と。

 

ふと室内の天井を見ると、直径30センチほどの穴が開いていた。

 

話し合いの結果、おばちゃんも部屋にいたくないとの事だったので、福祉に相談して強制入院と入居解約の手続きを取った。

 

退去後、天井の穴の修繕で再び業者に依頼した。

 

数日後、また電話があった。

 

「Sさん、また401の事なんですけど・・・」

 

「部屋は綺麗やから天井とハウスクリーニングだけでええよ」

 

「実は天井補修見てきたんですけど、天井裏・・・御札だらけでしたんや」

 

「・・・・・・、とりあえず補修よろしく!」

 

おばちゃんは以前、躁鬱の関係で入院していたので、部屋とは関係ないと自分に言い聞かせ、その後半年間部屋を寝かした後、再度募集を開始した。

 

次の入居者もすぐに決まり、20代後半の男性Aさん。

 

定職もあり保証人は親で、写真を見る限り好青年のようで一安心した。

 

入居後に一度挨拶したが、なかなか礼儀正しい青年だった。

 

ところが入居後3ヶ月程経ってから、Aさんの保証人でもある親から連絡があり、Aさんと連絡が取れないとの事。

 

一度部屋を見たいという。

 

家賃は当月分の振込み無し。

 

翌日、両親が田舎から出て来たので話を聞くと、会社も無断欠勤で退社しているとの事。

 

内心、嫌な感じがした。

 

ただの失踪くらいならよくあるが、最悪の可能性も・・・。

 

両親と部屋の前に到着し、呼び鈴を鳴らしても反応無し。

 

合鍵で部屋に入ろうと扉を開けると、ガチャンとチェーンが掛かっていた。

 

と同時に、物凄い悪臭。

 

両親の手前失礼だが、悪臭でえずいてしまうほど。

 

玄関は真っ暗で、ゴミ袋らしき物が見える。

 

「Aさーん、いてますかー?!管理会社です!」

 

呼びかけたが返事無し。

 

両親も、「○○、お母さんやで!」と必死に呼びかけてみたが、やっぱり返事無し。

 

微かに室内からテレビの音だけが聞こえてきた。

 

両親に、「車にチェーンカッターあるので持って来て切断しますわ」と声をかけ、車に向かう。

 

チェーンがようやく切れる。

 

両親に一応、「私が先に室内を見ます」と言い、部屋に入る。

 

(うぅ・・・最悪や・・・。玄関ごみだらけ)

 

室内は真暗で、テレビが点いていた。

 

「Aさん、いませんか?」と恐々室内を見ると、ベッドの毛布に包まり体育座りのAさんが!

 

さすがに驚き、「うわぁ!!」と声をあげてしまう。

 

大声で心配になり、両親も部屋に入って来た。

 

「○○!大丈夫か!しっかりしいや!」

 

両親の問いかけにも、無気力にうなだれているだけ。

 

髪と髭が伸び、数ヵ月前の青年とは明らかに違っていた。

 

とりあえず暗いので電気を点けようとスイッチを押してみたが、電気は点かず。

 

テレビは点いていたのにおかしいなと天井を見ると、黒いゴミ袋で覆われていた。

 

部屋をよく見ると、窓やベランダまでが全て黒のゴミ袋で覆われ、目張りまでしていたのだ。

 

まさに異常。

 

とりあえず救急車を呼び、天井のゴミ袋を剥がしてみると、照明は外され、その横にポッカリ穴が開けられていた。

 

ようやく救急車が到着し、両親は泣きながら一緒に病院へ向かった。

 

数日後、母親が会社に来られて、息子は田舎で療養するので部屋を解約しますと告げられた。

 

私はAさんが心配でしたが、さすがに容態や経緯は聞けなかった。

 

そうしてAさんの退去から約2年近く経つが、あの401号室は現在は開かずの間で、入居者募集はとりあえずしていない。

 

401号室を詳しく調べてみたいが、変な噂になると困るので調べていない。

 

(事実、4階の住人の間では「401に入ると祟られる」と噂になっていた)

 

管理物件で何かあった時、管理会社の人間は警察や知り合い、保証人より先に部屋に突入し事後処理するので色々とツラい。

 

ある意味貴重な体験は出来るのだが・・・。

 

最後に、以前401号室をデジカメで撮影した画像に、全く撮った記憶がない天井付近の画像が紛れ込んでいた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ