いつも忘れ物をする男の子

ノート

 

友人が小学生の頃、クラスにいつも忘れ物をする男の子がいたそうだ。

 

見兼ねた先生は『忘れ物ノート』というものを作り、男の子が忘れ物をする度にそのノートに記録を書かせた。

 

男の子は先生に殴り飛ばされ、先生はいつも言っていた。

 

「いいか、先生はお前が憎くて殴っているんじゃない。お前が少しでもちゃんとした人間になるように、お前のためを思って殴っているんだ」

 

しかし、男の子は忘れ物などしていなかった。

スポンサーリンク

男の子の最後の忘れ物

忘れたのではなく、ちゃんと前日に持って来ていたのに無くなっているのだ。

 

ロッカーやランドセル、机の中を探しても無い。

 

そんなある日、男の子は近くの踏み切りで自殺してしまった。

 

バラバラになった男の子の遺体の中に、なぜか頭だけが無かった。

 

警察や処理班の人達が周辺を探し回ったが、どこを探しても見つからない。

 

頭が発見されないまま男の子の自殺は近所に知れ渡り、数日後に先生の耳にも入った。

 

そして先生は呟いた。

 

「何も自殺までしなくても良いのに・・・」

 

男の子の物を隠していたのは先生だった。

 

嫌な事や気に入らない事があると、その憂さ晴らしのために忘れ物を理由に男の子を殴っていたのだ。

 

男の子から盗んだリコーダーやコンパスなどを片付けながら、次の標的は誰にしようかと考えていると、ふと背後で人の気配がした。

 

「だ、誰だ!?」

 

秘密を知られれば、憂さ晴らしが出来なくなる。

 

先生は慌てて振り返り、そしてもう一度手元を見て驚愕した。

 

そこには、男の子の頭があったのだ。

 

頭を放り投げ、逃げ出そうと後ろを向いてまた叫び声をあげた。

 

先生の後ろには、首の無い男の子が忘れ物ノートを抱えて立っていた。

 

翌日、職員室で変死体となった先生と、あの忘れ物ノートが発見された。

 

警察が忘れ物ノートを開くと、そこには震えた字でこう書かれていたそうだ。

 

『わすれたもの:ぼくのあたま、せんせいのいのち』

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ