宿直を担当した日の夜に遭遇したもの

夜の廊下

 

ある夜、宿直で校内の見回りをしている先生がいました。

 

その学校は校舎が二つに分かれているのですが、見回りの途中に向かいの第二校舎の屋上に女生徒がいるのを目撃しました。

 

その生徒はフェンスを乗り越えていて、今にも飛び降りそうな感じでした。

スポンサーリンク

先生は過去の出来事を知らなかった

しかし、その女生徒は一瞬のうちに消えてしまったのです。

 

気のせいか?

 

先生は念の為に校内を隅から隅まで見回りましたが、特に異常はありませんでした。

 

校内には先生一人のはずです。

 

先生は一旦宿直室へ戻りました。

 

そして、最後の見回りの時間に。

 

先生は第一校舎を見回ると、一階の渡り廊下渡って第二校舎へ行きました。

 

さっきの女生徒は本当に気のせいだったのだろうか?

 

不安は拭えません。

 

一階を見回っていると、先生は違和感を感じました。

 

誰かが後ろから付いて来るような気がするのです。

 

しかし、階段を上がり二階に行くと、気配は消えました。

 

三階に行くと、今度は廊下の向こう側から「カツーン」という音が聞こえました。

 

明らかに誰かいる!

 

先生は急いで駆け付けました。

 

すると、そこには血の跡がありました。

 

血の跡は点々と四階の方へ続いています。

 

先生は青ざめました。

 

もしさっきの女生徒が気のせいではなく、飛び降りて怪我をしていて、助けを求めて校舎に入って来たのなら・・・、自分は責任を問われる。

 

「おーい!誰かいるのか!?」

 

返事はありません。

 

血の跡を辿って、先生は階段を上りました。

 

血の跡は屋上へ向かう階段の前で途切れていました。

 

ふと、先生は疑問を抱きました。

 

屋上へ行く鍵は自分しか持っていない。

 

なのに、どうしてあの女生徒は屋上へ行けたんだ?

 

先生は急に恐ろしくなりました。

 

得体の知れない何かがこの校舎にいる・・・。

 

先生は逃げ出したい気持ちを抑え、屋上へ向かいました。

 

屋上に出る扉の前まで来たが、そこには誰もいません。

 

ノブに手をかけると、鍵は掛かっていました。

 

と、その時、先生の手にあるハンドライトの明かりがフッと消えました。

 

辺りは闇に包まれました。

 

そして暗闇の中で、ズルズル・・・ズルズル・・・と何かが階段を這って近づいて来る音が聞こえてきます。

 

先生はもう恐怖で動くことが出来ませんでした。

 

仮に逃げようとしても、ここは屋上の踊り場。

 

逃げ道はありません。

 

次の瞬間、冷たい手が先生の足首を掴みました。

 

そいつは、なおも先生に近付き、圧し掛かって来ます。

 

さらっとした長い髪が頬に触れました。

 

もう先生は完全にパニック状態。

 

そして、ハンドライトの明かりが再び点きました。

 

先生の目の前には、頭が半分割れて、見るも無残な女生徒の顔があったそうです。

 

先生はその場で気絶していまいました。

 

先生は後に、この学校には飛び降り自殺で亡くなった女生徒がいることを知りました。

 

先生は赴任したばかりで、そのことを知らなかったのです。

 

そしてそのことを知っていた校長は、ちょうどその“女生徒の命日の日”に宿直を担当させたのです。

 

先生は僅か一年で学校を去りました。

 

余談ですが、足首に付いた掴まれた跡は一週間消えなかったそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ