30年間もあんな孤島で生きていけるはずがない

軍艦島

 

私とツレの二人で、好奇心ゆえに無断で軍艦島に探索に行った。

 

※軍艦島

端島(はしま)は、長崎県長崎市(旧高島町)にある島である。明治時代から昭和時代にかけて海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していた。しかし、1974年(昭和49年)の閉山にともなって島民が島を離れてからは無人島である。軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られている。(Wikipediaより)

 

私は、当時のまま時が止まっている軍艦島に感動した。

 

存分に探索した後、昼間のうちに帰ることに。

 

ボートに向かっている間、ツレが何度も後ろを確認している様子だった。

 

「どうした?」

 

「いや、何かいるような気がして」

 

とんでもない。

 

今ここに来ているのは私達だけなのだ。

 

ボートまであと少しという時、私は携帯が無いことに気づいた。

 

さっき転んだ時に落としてしまったのだと思い、ツレをその場に待たせて取りに行くことにした。

 

幸い、50メートルほど戻った所で携帯はすぐ見つかった。

 

ツレの元に戻る間、ふと何かの視線を感じたが意識しないようにした。

 

その日は無事に私達は家に帰った。

 

しかし2日後、私は現像した写真を見て驚愕した。

 

それは心霊写真と言えるのか言えないのか・・・。

 

なぜなら、中年の汚ない男がハッキリと写っていたからだ。

 

ビルの影に隠れながら、じっと私達を見ている。

 

心霊とは違い、ぼやけずに写っている事が不気味だ。

 

私は何か思い当たる節があり、軍艦島関係の記事をネットで調べてみた。

 

膨大な量に諦めかけていた時、それはあった。

 

30年も前の記事だ。

 

『少年五人軍艦島に行き一人行方不明』

『少年の捜索難航いまだ見つからず』

 

まさか・・・と思いながらも写真を破り捨てた。

 

30年間もあんな孤島で生きていけるはずがない。

 

写真に写っていた中年の汚ない男は一体何者なのだろうか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ