一人暮らしを始めて3日目のことでした 1/2

マンション

 

一人暮らしを始めて3日目のことでした。

 

その日、私は仕事が上手くいき、

お客さんと遅くまで繁華街で飲んでいました。

 

私の借りたマンションは、

駅から徒歩2分という立地の良さで、

 

遅くまで飲んでいても大丈夫、

という気軽さも手伝い、

 

いつもよりものんびり飲んでいましたが、

なんとか最終電車に間に合いました。

 

自宅マンションの最寄り駅は、

そこから快速で2つ目の駅です。

 

10分ほどで降車駅に到着しました。

 

駅前のロータリーを横切り、

ゆっくりとマンションに向かっていました。

 

のんびり飲んでいたとはいえ、

そこそこ酒豪の私にとっては、

 

やっとエンジンがかかってきた!

というところでのお開きでした。

 

まだまだ飲み足りなかった私は、

 

マンションのすぐ脇にあるコンビニで、

ビールやらおつまみやらを買って、

 

マンションの玄関に着きました。

 

バブル時代に建てられたマンションで、

当時は分譲のみでしたが、

 

今では分譲貸しもしています。

 

分譲で購入した人も住んでいましたが、

入居者の殆どが私のような賃貸契約者でした。

 

総大理石の玄関に入ると、

 

大人の女性が子供を二人連れて、

来客用のベンチに座っていました。

 

女性はショートヘアで、

年の頃は35歳くらい。

 

タンスから引っ張り出した一張羅を

着てきましたという感じで、

 

私には少し可笑しく思えました。

 

管理人室には誰も居ませんでした。

 

定時の夕方5時で帰ったようです。

 

その時、私は内心・・・

 

こんな夜中に子連れの女性?

と思いましたが、

 

無視してそのままエレベーターホールに行き、

8階のボタンを押しました。

スポンサーリンク

見たもの全てがこの世のものとは限らない・・・

エレベーターの中で私は、

 

(酷くやつれた女の人だったなあ・・・)

(子供は二人とも幼稚園くらいかな・・・)

(あんな所で何をしていたんだろう・・・)

 

などと考えながら、

部屋の鍵を鞄の中から取り出しました。

 

8階に着き、

エレベーターを降りてすぐ右側のドア。

 

そこが私の新居です。

 

鍵を開け、

電気を点けて部屋の中へ。

 

着替えるのも面倒だったので、

すぐに買ってきたビールとおつまみを取り出し、

 

グラスを用意してソファーに座り、

テレビを見ながら一人で酒盛りを始めました。

 

何気なくテレビの横に置いてある時計を見ると、

午前2時過ぎでした。

 

ピンポーン♪

 

突然、玄関のチャイムが鳴りました。

 

線路脇の部屋とはいえ、

 

この時間はもう電車も止まっているので、

周りは静かな時間です。

 

本当に心臓が口から飛び出そうなくらいに

驚きました。

 

(こんな時間に誰?)

(知り合いだったら電話してから来るし・・・)

 

などと思って、

 

きっとお隣のご主人が間違えたのだと

勝手に思い込んでいました。

 

しかし・・・

再びピンポーン♪と鳴りました。

 

仕方がないのでインターホンの受話器を取り、

「はい」と出ました。

 

・・・・・・

 

相手は無言です。

 

(あぁ、やっぱりお隣のご主人が間違えて・・・)

 

と思っていましたが、

 

さらにピンポーン♪ピンポーン♪

けたたましく二度鳴りました。

 

覗き穴から見てみようかとも思いましたが、

 

面倒だったし、

また受話器を取り、

 

今度はとても怪訝そうに「はい!?」

と答えました。

 

※怪訝(けげん)

不思議で納得がいかないこと。

 

「・・・えして・・・」

 

女性のか細い声が聞こえました。

 

私は思わず「はあ?」と答えました。

 

そう答えるしかありませんでした。

 

(嫌がらせかな?)

(こういうの流行っているのかな?)

 

などと思いながら、

 

「どちら様ですか?」

 

と訊いてみました。

 

するとまた、

 

「・・・えして・・・」

 

としか聞こえません。

 

(女の人・・・)

(さっきの下に居た人かな?)

 

「すみません、

よく聞こえないんですが?」

 

と言うと、

 

「主人を返して!!」

 

今度ははっきりと聞こえました。

 

私は理解不能でした。

 

当時、不倫はおろか、

彼氏もいませんでしたから。

 

「あの~、

お宅をお間違いじゃないですか?」

 

と訊いてみました。

 

「早くココを開けなさいよ!

居るんでしょ、主人!

 

そこに居るんでしょ?!」

 

と叫ぶや、

ドアを激しく叩き始めました。

 

(冗談じゃない!!)

(こんなことを隣近所に噂されたら・・・)

 

私は仕方なくドアを開けました。

 

そこにはやはり・・・

 

さっき下で見た子連れの女性が

突っ立っていました。

 

(続く)一人暮らしを始めて3日目のことでした 2/2

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ