振り向くと、お盆に湯呑みが置いてあるだけ

湯呑み

 

私は趣味で写真を撮っています。

 

主に風景ばかりで、休みが取れた時は結構各地を回っているのですが、その中で宿泊した民宿での体験です。

 

その日は九州の方に行っていたのですが、天候が悪くてあまり良い写真も撮れず、夕方には民宿に戻っていました。

 

民宿の方はとても良い人たちで、持て成しも良くて大変満足していました。

 

そして夕食を頂き、部屋でビール片手に裏庭から広がる景色を眺めている時でした。(夜には天候は良くなっていました)

スポンサーリンク

さすがにこれは普通ではないと

すると、後ろからスッと障子が開く音がして振り向くと、そこには誰も居なく、障子が開いていて“お盆に湯呑みが置いてあるだけ”でした。

 

ノックや声を掛けてなどもなかったのが不思議でしたが、民宿の方の気遣いと思い湯呑みを手に取ると、お茶ではなくただお湯が入っているだけでした。

 

これも不思議に思いましたが、気にせず湯呑みのお湯を飲み干し、お風呂に入りに行きました。

 

部屋の外と中の両方にお風呂があり、どうせならと外の檜風呂で風景を見ながらゆったりしていると、またも後ろからコトッと何か置く音がして振り向くと、またも誰も居なく、そこには“お盆に湯呑みが置いてあるだけ”でした。

 

やはり、湯呑みの中身はただのお湯でした。

 

私は、民宿のサービスにしては何か珍しいなと思っていました。

 

水が自慢とかそんなのを聞いた事なんてないし、腑に落ちない点はありましたが、気遣いは気遣い、郷に入っては郷に従えと気にせず、湯呑みのお湯を飲み干してお風呂を後にしました。

 

次の日が早かった私は、早くに床に就きました。

 

そして、夜中にトイレに目を覚ましました。

 

私は寝ぼけ眼を擦りながら障子を開けようとした時、足に何か当たり、当たった物が倒れました。

 

湯呑みでした。

 

しかも一つだけではなく、並べられたように床に10以上は無造作に置かれていました。

 

さすがにこれは普通ではないと、気味が悪くなりトイレに行くのをやめ、布団に包まっていましたが、何かを置くような音が止むことはありませんでした。

 

朝、明るくなると同時に布団から出て障子の方を見ると、湯呑みは明らかに数を増していました。

 

そして、朝一で民宿を経営している夫婦に湯呑みの件を問いただしたところ、こう話してくれました。

 

夫婦には一人息子がいたらしいのですが、そのお子さんを去年に亡くしたらしいのです。

 

少し障害を持っていたらしく、民宿の手伝いを出来るような感じではなかったようですが、とても心優しかったお子さんは「手伝いたい」と言ってお茶くみをしていたそうです。

 

ですが障害があり、お茶葉を入れ忘れる事も多々あり、時々お客様からクレームも来ていたようでした。

 

それを聞いたお子さんは親が怒られたと思い、手伝いをやめてしまいました。

 

その後に事は起きたようでした。

 

する事がなくフラフラしていたお子さんは、裏庭の先の崖から転落してしまったのです。

 

すぐ病院に運ばれましたが、全身を強く打っており、そのまま息を引き取ったそうです。

 

喋れる状態ではなかったお子さんが、最後に夫婦にこう言っていたと聞きました。

 

「ごめんね。僕何も出来なくてごめんね」と。

 

夫婦は、「息子が今も家に居て手伝ってくれてるのかもしれませんね」と語ってくれました。

 

私はお仏壇に向かい、「お茶美味しかったよ、ありがとうね」と言い、民宿を後にしました。

 

その後は何もなく、私にとっては生涯でただ一度であろう洒落にならない程に怖く、そして悲しい体験でした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ