助けたのが仇となり命を狙われるハメに

カラス

 

俺が大学3年生の時の話だ。

 

ちょうどテスト前だったから7月か。

 

当時、俺は築20年くらいのワンルームマンションに住んでいた。

 

部屋は最上階である4階の一番奥。

 

その日、俺は友達の家でテスト勉強という名のノートの見せ合いをしていた。

 

それが終わって自宅に帰って来た時は、途中でコンビニに寄ったこともあって午前2時を過ぎていた。

 

マンションにはエレベーターのような便利なものはなかったので、いつも通り階段で4階まで上がろうとした。

 

すると、階段の近くで2匹の猫が暴れていた。

 

「ウニャー!!ゴロウニャー!!」と威嚇の声をあげていた。

 

しかし俺が近づくと、2匹はちらっとこちらを見てからササッとどこかに逃げて行ってしまった。

 

「ああ、猫の喧嘩か」と思ったわけだが、ふと下を見ると、さっきまで猫がいた場所に何やら動く黒い塊があった。

 

よく見ると、それは傷付いたカラスだった。

スポンサーリンク

当時は本当に殺されるのかと思った

片翼の骨が折れ、足も怪我していて移動しようにも上手く動けず、じたばたしていた。

 

さっきの猫はこのカラスを襲っていたようだ。

 

「俺がここから移動してしまったら、またあの猫が戻って来てこいつは殺されてしまう・・・」

 

カラスが可哀想になった俺は、そのカラスを一時俺の家に避難させることにした。

 

動物病院も一瞬頭をよぎったが、時間が時間だったのでやめた。

 

暴れるカラスを傷つけないようにそっと部屋へ運び、ベランダに放した。

 

「ここなら4階だし猫も来ないだろう」

 

俺は安心して、明日のテストのためにも寝ることにした。

 

次の日の朝、起きてベランダを見ると、カラスは少し元気になったのか、足を引き摺りながら多少動き回っていた。

 

俺は昨晩コンビニで買った惣菜の残りと水を与えてみたが、全く食べない。

 

知っている人も多いと思うが、カラスというのは警戒心が異常に高い生き物で、人間の捨てたものは食い漁るくせに、人間が与えたものは絶対に食べないのだ。

 

そうしている間に時間も迫ってきたので、俺はテストを受けに大学へ向かった。

 

テストは一夜漬けにしてはよく出来た。

 

友達と明日のテストのために、「今日も勉強しよう」という約束を取りつけて家に帰った。

 

帰ってまずベランダを見ると、カラスは死んでいた・・・。

 

ベランダから脱出しようと暴れすぎたようだ。

 

骨の折れた翼を不揃いに広げて倒れていた。

 

俺は、「ああ、なんか悪い事したな・・・」と思った。

 

本当なら俺は、ここでカラスを死に追いやったことを悔やみ、亡骸をどこかに埋めて、拝んで感傷に浸る流れになるはずだった。

 

でも次の瞬間、そんなことは俺の頭から吹き飛んだ。

 

俺は何やら違和感を感じて、ベランダの向こう側の風景に目をやった。

 

そこには、マンションのベランダと並行になるように設置された電線がある。

 

距離は10メートルくらい離れているが、ベランダから外を見るとまずそれが目に入る。

 

俺の家のベランダから見て真正面に当たる電線、電柱と電柱の間にあるその区間だけが真っ黒になっていた。

 

「ん?何だ?」と思ったが、正体はすぐに分かった。

 

それはカラスの大群だった。

 

(おびただ)しい数のカラスが、電線のその区間だけに集中的に集まっていたのだ。

 

しかも、俺がそちらを向いた途端、そのカラスたちが一斉に鳴き出したのだ。

 

ガァーガァーとやかましいそれは、正に騒音公害。

 

俺は急いでベランダの窓を閉めた。

 

かなりビビったが、ベランダには最上階特権でハト避けネットが設置されているから大丈夫、と思い直した。

 

しかし、近隣住民の人達も凄まじい騒音に「どうした?どうした?」と外に出て来てしまった。

 

テンパった俺は、すぐに家から逃げ出してしまった。

 

今考えると逃げる必要はなかったが・・・。

 

外に出たはいいが、行くところがない。

 

とりあえず明日のテストのノートを友達にコピーさせてもらおうと思い、携帯電話で友達をコンビニに呼び出した。

 

でも遠くに呼び出すのは悪いので、友達の家に近いコンビニに呼び出した。

 

そのせいで、コンビニには俺よりも友達の方が先に着いていた。

 

コンビニのガラス越しに立ち読みする友達の姿を確認し、俺は自転車を端の方に停めた。

 

その時、俺の後頭部に強烈な衝撃が走った。

 

誰かに後ろから鉄パイプで殴られたような感覚だった。

 

危うく意識が飛びかけたが、なんとか持ちこたえた。

 

「痛ったっ!!」と言いながら頭に手をやると、血がべっとりと付いている。

 

足元には中身が入ったままの凹んだ缶ジュース。

 

どうやら、この缶ジュースが俺の頭に当たったらしい。

 

俺に気付いた友達は、コンビニから出てきて驚いていた。

 

友達は半信半疑だったが、俺には確信があった。

 

犯人はカラスだ。

 

コンビニの屋根にとまっていた2羽のうちのどちらかが、上から缶ジュースを落としたのだ。

 

その後、友達の車で病院に連れて行ってもらった。

 

傷はそれほど大したことはなくてほっとした。

 

そして友達に、「家まで車で送るから今日の勉強会は来ずに大人しくしてろ」と言われた。

 

俺は家にはあまり戻りたくなかったが、友達には色々と世話になったので従うことにした。

 

ちなみに、ノートのコピーだけはちゃんと貰った。

 

自宅マンションの前に到着し、友達の車を見送ってから俺はあの電線を見た。

 

まだ3羽ほど残っていたが、群れはすっかり解散していた。

 

俺はほっとして入口に回った。

 

だが、マンションに入ろうとしたその時、上から白い何かが降って来た。

 

それは俺の鼻先をかすめるようにして地面に衝突した。

 

同時に、「カーン!!」という何かが割れるような音が辺りに響いた。

 

そしてカァーカァーという聞き覚えのある声。

 

はっとして見上げると、3羽のカラスが俺の頭上を飛んで行くところだった。

 

俺は全身の毛穴が開いていくのを感じた。

 

落ちてきたのは白いビニール袋だった。

 

その袋が破れんばかりに中に詰められた拳大の石を見て、俺は空いた口が塞がらなかった。

 

「もしこれが頭に当たっていたら・・・。殺る気マンマンじゃねえか!」

 

恐怖を感じた俺は急いで部屋に帰り、件のカラスの亡骸を持ってまた家を出た。

 

そして近くの公園の木の下に手で穴を掘り、そこにカラスを埋めて簡単なお墓を作った。

 

手を合わせ、「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」と声に出して言った。

 

周りで見ているであろうカラスたちに聞こえるように・・・。

 

その行為が良かったのかどうかは分からないが、それからはカラスに狙われたりはしていない。

 

当時は本当に殺されるのかと思った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “助けたのが仇となり命を狙われるハメに”

  1. 匿名 より:

    助けてあげたのに…

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ