それ以来、動物は飼っていない

猫

 

小学生の時、メス猫を飼っていた。

 

当時そいつは妊娠していて、いつ子が産まれてもおかしくなかったが、俺の布団の中に入ってきては一緒に寝ていた。

 

ある日の朝、目が覚めると、体の下になんともいえない違和感があった。

 

見てみると、俺の体に潰されたのか、産まれたての子猫が三匹死んでいた。

スポンサーリンク

親猫の心情は・・・

俺は慌てて母親に知らせた。

 

子猫は庭に埋葬することになり、俺は泣きながらその子達を埋めた。

 

親猫はその間、ずっと俺を見ていた。

 

一声も鳴かずに。

 

そんな子猫事件から少し経ったある夜、寝苦しさに目を覚ました。

 

すると、胸の上に飼い猫が座り、俺の顔をじっと見つめていた。

 

薄暗い寝室の中、瞳が光って見える。

 

少し不気味だったが、布団から跳ね飛ばすのは可哀相だと思った。

 

優しく抱き上げようと少し顔を起こすと、バリッと顔面を引っ掻かれた。

 

左の眼球を引っ掻かれた為、慌てて両親を起こして病院に連れて行ってもらった。

 

白目が少し傷ついただけだったが、もう少しずれたり深かったりしたら失明していただろうと医者に言われた。

 

その後、飼い猫を父親が数キロ離れた河原に捨ててきたが、すぐに戻ってきた。

 

両親は追い払おうとしたが、俺が頼み込んで今までのように飼うことにした。

 

子猫の件もあり、後ろめたくて邪険に扱うことなんて出来なかった。

 

結局、その猫に不妊処置をして飼い続けた。

 

俺は以前にも増して可愛がった。

 

そして高校2年のある日、家に帰ると俺の布団の上で死んでいた。

 

それ以来、動物は飼っていない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ