「もうダメかも」と診断された愛猫の奇跡

猫

 

これは、もう5年以上一緒に住んでいる飼い猫のモモの話。※名前は仮名

 

ある日、獣医に「もうダメかも」と診断された。

 

尿管が細く、腎機能もほぼ止まっている状態。

 

尿が出ないため膀胱が破裂しそうで、その膀胱に亀裂が入っていた。

 

ご飯も食べれず、吐いてばかり・・・。

 

獣医からは、「最期の時を家で一緒に暮らした方がいいかもしれない」とも言われた。

 

でも死んでほしくなかったから、入院させて治療をお願いした。

スポンサーリンク

奇跡

その夜、今までのモモとの思い出がブワっと溢れてきた後に、とても悲しくなった。

 

心を落ち着けるために明かりを消し、瞑想した。

 

しかし、瞑想しようとしてもモモのことが浮かんできて、また悲しくなった。

 

その時だった。

 

モモが静かに寝そべっているイメージが浮かんだ。

 

私は拝むように、手のひらを合わた。

 

そして、思い浮かんだモモを手で撫でた。

 

病気の部位の下半身も撫でた。

 

「どうか治りますように」

 

そう必死で祈った。

 

ふと、最近行った神社を思い出した。

 

「どうか○○神社の医療の神様、モモを助けて下さい」

 

そう願った。

 

願いながら、イメージの中でモモを撫で続けた。

 

すると、目を瞑っているはずなのに、目の前が突然明るくなった。

 

そして、白装束を身にまとい、縦長で大きな三角の帽子を被った人物が現れた。

 

その人物がモモをひと撫ですると、モモが光った。

 

なぜか分からないが、私はモモが治ったことを悟った。

 

後日談

獣医は、「モモが急に元気になって、ご飯をモリモリ食べ出した」と言っていた。

 

そのまま順調に回復して、無事に退院した。

 

医療の神様、本当にありがとう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ