もし部屋のドアを開けていたら私は今頃・・・

ドア

 

これは2年くらい前、まだ私は大学生で実家に住んでいた時の話。

 

その日は病み上がりでまだ微熱もあり、朝からずっとベッドで横になっていた。

 

朝8時頃、母が「仕事に行って来るね。もし体調が悪くなったら電話して」と言って出かけていった。

 

当時、ウチでは猫を飼っていたんだけれど、私は猫がベッドに入って来てしまうと気になって全然寝れない。

 

なので、じっくりと寝たかったから猫は部屋の外に出していた。

 

ただ、家が古くて、猫が強く体当たりすると部屋のドアが開いてしまうので、簡易的な後付けの鍵も掛けておいた。

スポンサーリンク

違和感のある声

しかし、しばらく横になっていたけれど全然寝つけなくて、体を起こして友達にLINEを送ったりしていたんだけれど、なんだか急に体調が悪化してきた。

 

体がすごく重く、そして寒くなり、視界も揺れてとても気持ちが悪かった。

 

焦った私は母に電話しようと思ったけれど、なぜかスマホの電波が入らなくて電話は出来なかった。

 

だんだんと不安でいっぱいになってきた時、ドアの外で猫が鳴いた。

 

「まぁ~」と、いつもの声で。

 

・・・でも、なんだかその鳴き声にすごい違和感があった。

 

その時はどうしてそう思ったのか分からなかったけれど、少し経って気付いた。

 

鳴き声が、高い位置から聞こえたから。

 

人が喋っているみたいに、足元からではなく上の方から声が出ている感じだった。

 

なぜかすごく怖くて、私はドアを開けずに黙っていた。

 

そしてしばらくすると、今度は母の声がした。

 

「大丈夫?心配だから帰って来たよ」

 

確かにそれは母の声だったけれど、それも何か違和感がすごかった。

 

微妙な声のトーンや言葉の選び方が、いつもと少しずつ違った。

 

それに、まだ仕事に出てから2時間も経っていないのに帰って来るはずがない。

 

私はとっさに、『何か得体の知れないモノがいる・・・』と思った。

 

怖くて怖くて、ずっと部屋のドアを凝視していた。

 

・・・というより、体が全然動かなかった。

 

寒くて、怖くて、歯がガチガチと鳴った。

 

次の瞬間、ドアのノブが「ガチャガチャガチャガチャ」と激しく回った。

 

鍵は簡易的だったので、今にも飛んでしまいそうだった。

 

私は硬直していると、しばらくしてガチャガチャが止み、つーんと静かになった。

 

そして、ドアの前から『何か』がスッと居なくなった感じがした。

 

スマホの電波が回復していたので、急いで母に電話をかけた。

 

案の定、母は「家に戻っていない」と言った。

 

昼過ぎ、心配して帰って来た母が、玄関で猫が死んでいるのを見つけた。

 

つい数時間前まで元気いっぱいだったのに、外傷も無く、ころんと横になったまま死んでいた。

 

やっぱり『何か』に連れて行かれてしまったのかなぁ・・・と思った。

 

もしあの時に部屋のドアを開けていたら、私は今頃どうなっていたんだろう。

 

(以下、補足に続きます・・・)

スポンサーリンク

補足(一つの説)

ペットだけが厄災を担うわけではなく、家の中で一番弱い者が狙われます。

 

ペットがいない場合は、子供やお年寄り、病人。

 

子供なら、第一子より第二子以下。

 

病気がちな人は、家族や家系の厄を祓われるスケープゴートにされている場合があります。

 

※スケプゴート|参考

集団内の不平や憎悪を他にそらすため、罪や責任をかぶせられ迫害される人。

 

厄を祓える対象が無く、また守りが弱いと、無意識下で分かっている人はペットを飼いたがります。

 

独身者やお年寄り、子供のいない夫婦がペットを飼いたがるのも同じです。

 

そういった場合は大抵、ペットが早いサイクルで亡くなることになります。

 

中世の魔女が猫を飼うのも同じ理由です。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ