夜8時頃まで学校に残っていると・・・

学校の門

 

これは、ある本不安の種のモデルにもなっている、僕が実際に体験した話です。

 

僕が住んでいる東京のある地域で、10年程前に『遊ぼうおじさん』という正体不明な人がいました。

 

僕はその頃、小学生でした。

 

その人は、紙袋に左右非対称な目を書いて、頭に被っていました。

 

また、ちょうど首の辺りを縄で結んでいました。

 

生徒が夜8時頃まで学校に残っていると、おじさんが迎えにくるのです。

 

が、おじさんは絶対に校舎には入ってきません。

 

僕は鍵っ子で家に帰っても暇だった為、“おじさんを見てやろう”と思いました。

スポンサーリンク

僕は後悔することになる

その日、先生の目を盗んで、校舎内に7時半頃まで残っていました。

 

しかし、よくよく考えると非常に怖くなったので、やっぱり帰ろうと思いました。

 

正面玄関は鍵が掛かっているので開けられない為、そのまま通り過ぎようとしました。

 

その時、玄関の外を見ると誰かがいました。

 

「あそぼう、あそぼう」

 

そう何回も繰り返して言っています。

 

(絶対にヤバイ!)

 

そう思った僕は、一生懸命に走って違う出口に向かおうとしました。

 

しかし、廊下の窓から外を見ると、おじさんも走っています。

 

そして叫んでいます。

 

「あそぼう、あそぼう」

 

僕はもうどうしようもなく怖くなり、広い所へ逃げたくなりました。

 

気が付くと体育館まで来ていました。

 

しかし、こんな広い所に明かり無しでは怖すぎるので、急いで電気をつけました。

 

・・・が、明るくなった瞬間、後悔しました。

 

体育館の全ての窓の前にはおじさんが立っていて、窓を叩きながら「あそぼう、あそぼう」と叫んでいました。

 

僕はそこで気を失ってしまいました。

 

次の日、僕は先生にこっぴどく怒られました。

 

本当は夢だったと思いたかったのです。

 

しかし体育館の外には、左右非対称な目が書かれた紙袋が捨てられていました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “夜8時頃まで学校に残っていると・・・”

  1. tak より:

    つまり紙袋被ったおっさんの集団が居たってことか。

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ