子供が見上げてる小窓には

ある知り合いの保母さんから聞いた話。

 

仕事中に子供を預ける施設で、

一人の子供が

誰もいない空中を見上げて、

喋っていた。

 

「ママ、ママ、」と言っている。

 

その子の母親が迎えに来る

時間は過ぎていた。

 

突然、電話が鳴り出し、

電話を取りにいこうとしたが、

その子が窓に向かって

走りだしたので制止した。

 

しばらくして、

電話に出ていた別の職員さんに

廊下から呼ばれて行ってみると、

 

小声で

「大変、○○ちゃん(その子)

お母さんが交通事故で・・・」

 

保母さんは思わず、

その部屋に残された子供を抱き締めた。

 

「○○ちゃん、おかあさんがね・・・」

 

ふと、子供が見上げてる

小窓を見つめると、

 

保母さんは「ひゃっ!」、

声にならない悲鳴をあげた。

 

2階にある、その窓に、

ベタベタといくつもの手のひらの跡が

付いていたそうである。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ