深夜、車で帰宅中に起こった怪奇現象

ドライブ 夜

 

1年前の夏の話です。

 

その頃は残業続きで、

毎日の帰りが深夜になっていた。

 

その日は2時過ぎになってしまい、

 

眠い目をこすりながら車で帰宅していると、

ゾワゾワと鳥肌が立ちました。

 

ふと前の方を見ると、

子供二人が手を繋いで歩いています。

 

深夜なので嫌なものを感じ、

スピードを上げて走り抜けました。

 

振り返らなかったのですが、

なぜか『ニヤリ』と笑った感じがしました。

 

次の日以降、

 

ドアや窓の隙間から、

視線を感じるようになりました。

 

きっちり締めたはずなのに、

視線を感じて振り向くと、

 

1~2cmほどドアや窓が開いている。

 

そんな日が2日続きました。

 

そして3日目の晩、

 

また残業で遅くなり、

この前と同じ時間帯に帰宅しました。

 

車で走行中、

 

リアガラスを『コンコン』

叩く音がするのです。

 

もう、怖くて怖くて仕方ありません。

 

でもこのままでもいられない。

 

勇気を出して、

バックミラーを見ました。

 

何も映っていません。

 

暗闇だけです。

 

フゥと息を吐いて振り返ると、

 

子供の手のひらが4つ(二人分)

リアガラスに張り付いていました。

 

気がつくと、

病院のベッドの上でした。

 

僕は事故を起こしていました。

 

両親に事故直前までの話をすると、

疑わずに信じている様子なので、

 

「なんで信じられるの?」

 

と尋ねました。

 

すると両親は教えてくれました。

 

車のリアガラスが手のひらの形に4ヵ所、

綺麗に割れていたそうです。

 

警察も凄くびっくりしていたそうで・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ