修学旅行で撮った写真に

中学の修学旅行での話です。

 

私のグループでは、私と友人の二人が

カメラを持って行きました。

 

まずは新幹線ホームで、

そして遊覧フェリーの中で友人達と

何枚かの写真を撮って、

1日目の宿に着きました。

 

グループごとに部屋に分かれ、

荷物を片付け、

学校のジャージに着替えたら夕飯です。

 

ふと、あと何枚フィルム残ってるかな?

と思い、残り枚数を見てから

カメラは鞄の中に入れて、

大広間に向かいました。

 

夕飯も終わり、お風呂にも入って

パジャマに着替えたら、

消灯まではおしゃべりタイムです。

 

ここでも写真を撮っておこうと

カメラを出すと、

どうも残り枚数が1枚減ってる・・・。

 

おかしいなとは思いましたが、

勘違いだろうと、

そのままで何枚か写真を撮りました。

 

その後、何事も無く2泊3日の旅行は終わり、

後日仕上がってきた写真を見たら、

ちょっと不思議だったんです。

 

あの知らない間に減っていた

カウントのところが、

真っ白だったんです。

 

もし間違ってシャッター切ってしまったのなら、

真っ黒に写っているはずですが・・・。

 

でも、こんなのはどうでもいいんです。

問題なのは友人のカメラです。

 

彼女のカメラから出された

フィルムの1枚目には、

1日目に泊まった

旅館の階段が写っていました。

 

その階段の下には、

知らない学校の制服を着た、

見知らぬ女の子が

笑顔で写っていました。

 

出発の駅や新幹線の中での

写真の前、フィルムの先頭に・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ