救急車から降りてきたダンディなおじさん

救急車

 

数年前、俺は毎週土曜日の夜中に駅前で弾き語りをしていた。

 

そんなある日、休憩のために煙草を吸いながらボンヤリしていると、救急車が近くに止まった。

 

「週末の駅前だから急性アルコール中毒で倒れる人も多いしなぁ」と思いながら担架で運ばれる人を見ていたら、救急車からダンディなおじさんが降りてきた。

 

しかし、救急隊員らはそのおじさんに気付かず、担架に乗った人にだけ声をかけている。

 

どうやら、おじさんは他の人には見えないらしい。

 

歩道でおじさんはキョロキョロとしていたけれど、救急隊員らは担架に乗せた人を救急車に乗せて扉をバターンと閉めてしまった。

 

おじさんは「えっ!?」という表情をするものの、救急車はさっさと行ってしまった。

 

歩道に置き去りにされてオロオロしているおじさんをニヤニヤしながら見ていたけれど、困ったおじさんは暫くしてからなぜか歩道の植木に登ってションボリしていた。

 

その後、置き去りにされたおじさんは、数週間後に居なくなっていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ