拾った日記

俺は霊感が全くない。

 

人間が死ぬのが怖いのは、

死後の世界を確認出来ないからだ。

 

死んだ後、

苦しみだけが永遠に続くのか?

 

意識だけが天国や地獄、

 

はたまた全く別の世界に

飛ばされるのか?

 

完全な無となり、

意識の欠片すら残らないのか?

 

霊となり、

現世を彷徨い続けるのか?

 

俺も死ぬのは怖い。

 

だから俺はいつも霊を探している。

 

霊の存在が確認されれば、

 

少なくとも完全な無になるという

恐怖からは逃れられる。

 

完全な無ほど、

恐ろしいものはない。

 

だから俺はいつも霊を探し、

 

居そうな場所では霊に声をかけ、

返事を待つ。

 

これまで20年間以上、

ずっとそうしてきた。

 

様々な心霊スポットに行った。

 

葬式会場や霊柩車があれば、

念を送った。

 

墓場や交通事故現場では、

花束に向かって話しかけてきた。

 

だが、

やつらは一切答えを返さない。

 

俺の時間も残り少ない。

 

もうこれ以上、

やつらの返事は待てない。

 

待つことが出来ない。

 

俺はまもなく死ぬからだ。

 

これを読むお前は、

俺と同じ希望を持つ人間か?

 

俺は、俺を無視した

霊のようにはならない。

 

お前達の希望のため、

お前達に答えを示すこと、

 

それが俺の使命。

 

もし霊が存在するのなら、

俺はこの日記の元に留まり続ける。

 

お前が今読んでいる、

この日記に。

 

そして、

 

もし霊が存在するのなら、

今俺はお前の後ろにいる。

 

振り返ってくれ。

 

答えはそこにある。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “拾った日記”

  1. あおば より:

    あぁ、いないのね。

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ