こっくりさん

お母さんが子供の頃、

 

放課後の学校で友達二人と一緒に

こっくりさんをやったらしい。

 

○○ちゃんの好きな人は誰ですか~?

とか適当な質問をして遊び、

 

いよいよオシマイにする時、

 

「こっくりさんこっくりさん、

お帰りになってください」

 

と進行役の友達が言うと、

 

十円玉は「いいえ」に

止まってしまった。

 

しかもそのままグルグルと

鳥居のところを回りだし、

 

「かえらない」

「しね」

「いけにえよこせ」

 

などという言葉を、

いくつも示した。

 

でもお母さんは、

 

どうせ自分以外の友達

二人のどっちかが、

 

驚かそうと思って

やってるんだろうと思い、

 

こう質問したそうだ。

 

「こっくりさんこっくりさん、

 

いけにえは私以外の二人のうち、

どちらかにしてください」

 

お母さんの名前はアケミで、

友達の名前はタマコとナツエ。

 

ナツエはすぐに、

 

「そんな、ひどいよ!」

 

と怒ったそうだけど、

タマコの方は、

 

「ふぅ~ん。

 

じゃあこっくりさんの返事を

見てみようよ~」

 

と余裕そう。

 

この反応から、

 

きっと十円玉を動かしているのは

タマコだろうな、

 

そしてきっと「アケミをよこせ」

と言ってくるだろうな、

 

とお母さんは思った。

 

鳥居の周りでグルグルと思案している

ような動きをしていた十円玉が、

 

ずずっ、ずずっ、と、

 

文字へと動いていった

そうなのだが、

 

やはり「あ」を目指しているのが

明白だった。

 

タマコも、

 

「【あ】に向かってるから、

イケニエはやっぱアケミだね~。

 

あははは!」

 

と意地悪そうに笑った。

 

そこでお母さんは、

 

「こっくりさんこっくりさん、

 

この十円玉を動かしている人は

だれですか?」

 

と声をかけた。

 

すると、

 

ズズッと動いていた十円玉が

ピタッと止まった。

 

そして突然タマコが席を立ち、

頭を押さえて、

 

「い、いたっ、いたいいっ」

 

と騒ぎ出したんだって。

 

お母さんはすぐタマコに駆け寄って、

 

なに?どうしたの?

と様子を伺ったんだけど、

 

机の上では、

 

真っ青な顔をしたナツエだけが

十円玉に指を乗せたまま、

 

振り回されるようにひたすら同じ文句を

繰り返していたそうだ。

 

「こ」

「い」

「つ」

「こ」

「い」

「つ」

「こ」

「い」

「つ」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ