写真に写るものが全てではない

「もう見えるぞ、もう見えるぞ、

紙と筆を持って来い」

 

それが臨終の言葉だった、

うちのじいちゃん。

 

未だに親戚の間では

語り草になっている。

 

俺は直接聞けなかったけど、

想像すると怖すぎる。

 

じいちゃんが死んだのは

俺が中学2年の時で、

 

その遺品の整理を

ばあちゃんがしてるのを、

 

俺は手伝いに(邪魔しに)行った。

 

古い写真がいっぱい出てきて、

最初は面白がって見てたんだけど、

 

気持ちの悪い写真が出てきて、

だんだん怖くなってきた。

 

どんなのかというと、

 

白黒の記念写真で、

30歳くらいのじいちゃんが、

 

観光地の名所をバックに

ポーズを取っている。

 

何枚もあるんだけど、

 

よく見ると、

 

じいちゃんの立ち位置が

写真の中心からズレている。

 

パッと見は、

全然普通の写真だけど、

 

そのズレだけで

気分が悪くなった。

 

まるで、じいちゃんの隣に

誰かもう一人いて、

 

それでどっちかに寄っている

ような感じだった。

 

見えないけれど、

 

これは心霊写真の一種じゃないか

と思ってゾッとした。

 

その写真のことを、

 

恐る恐るばあちゃんに

聞いてみたけど・・・。

 

当時、ばあちゃんはもう微妙に

ボケが始まっていて、

 

何かトンチンカンなことを

話し出したけど、

 

よく覚えていない。

 

自分の家に帰ってから、

親父にその写真のことを話して、

 

「じいちゃんは霊感が強かったのか?」

 

と聞いたら、

 

変に真面目な顔で

こう言われた。

 

「おまえはバカか・・・

 

その写真を撮ったのは、

ばあちゃんだぞ」

 

どうやら、見えていたのは

ばあちゃんの方だったらしい。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ