イタズラで殺してしまった幼い頃の隠し事

自転車

 

知り合いの体験談。

 

知り合いの彼をA、

彼の友人をBとする。

 

二人が幼稚園の頃、

Bの自宅のガレージで遊んでいた。

 

後輪が浮くタイプの

スタンドが付いた自転車で、

 

スタンドを立てたまま、

ひたすら漕ぎまくるという遊びだ。

 

やったことある人も多いと思う。

 

最初のうちは面白がってやっていたが、

次第にAは飽きてきた。

 

そこで、

イタズラを思いついた。

 

スタンドが外れないようロックする部分を、

Bが必死に漕いでいる間に外したのだ。

 

気づかずにしばらく漕いでいたBだが、

何かの弾みでスタンドが上がってしまった。

 

全速力で漕いでいた自転車は、

そのまま道へ飛び出した。

 

Aが声をあげる間もなかった。

 

運悪くBの乗った自転車は、

ちょうど車が走ってきたところに衝突。

 

Bは即死だった。

 

Aはまさか自分のイタズラが

そんな惨事を招くとは思っておらず、

 

言い出せないまま時間が流れた。

 

幼稚園児だった彼は、

 

成長するにしたがって

記憶も罪の意識も薄れていった。

 

そして、

Aが20歳になった大学生の時。

 

学校の帰り、

 

駐輪場で自分の自転車を見つけ、

さあ帰ろうと思った時に、

 

ふと違和感を感じた。

 

スタンドのロックが外れている。

 

たまたま自分が

ロックし忘れただけだろう・・・

 

そう思い、

Aはさして気にせず帰宅した。

 

しかし、次の日も、

スタンドのロックが外れていた。

 

しかも気づいた。

 

Aの自転車はスタンドを立てると

自動的にロックのかかるタイプで、

 

スタンドだけ立ててロックを忘れることは

ありえなかった。

 

Bのことを久々に思い出した。

 

少し気味は悪かったが、

気にしないことにした。

 

それからは毎日のように

ロックが外されていた。

 

Bの霊なのか・・・

どうしたらいいんだ・・・

 

そんな折、

 

Aは近所のドラッグストアで

偶然にBの母に会った。

 

ずいぶん久々だった。

 

二人はしばらく雑談を交わした。

 

ふいにBの母は言った。

 

「そうそう、

自転車のスタンドは気をつけてね。

 

今さらだけど」

 

Aは答えた。

 

「大丈夫ですよ、

 

俺のはスタンド立てたらロックも

同時にかかるタイプだから」

 

Bの母は言った。

 

「あの子のも、そうだったのよ」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ