30mほど先を走っていた自転車が

自転車

 

自転車に乗っている時に体験した不可解な出来事。

 

自分の向かいから走ってくる自転車がいると、お互いが道の譲り合いでフラフラして大変になる事がある。

 

そんな時、俺は気付いたらなるべく早く端に寄ってやり過ごしている。

 

あの日も30mほど先に自転車が走っているのを見つけて、道の端に寄せながら走っていた。

 

すると、向こうも俺と同じ側にわざわざ寄っていく。

スポンサーリンク

確かにそれは顔だった

仕方ないからと今度は反対側に避けたのだが、またすぐ同じ側に寄せて来られて少し焦った。

 

俺はぼーっとしながら走っていたので、相手をちゃんと見て避けなきゃヤバイなと思っていた。

 

でもそこで気付いたのだが、相手の自転車との距離が変わっていない。

 

あれ?と思ってよく見ると、向こうの自転車と自分は進行方向が同じだった。

 

普通ならそこで安心するのだろうが、それに気付いた俺はパニックになった。

 

なぜなら、向こうの人の顔がこちらに向いていたからだ。

 

ゆったりとした黒のワンピースを着ているその人は、確かにこちら側に顔がある。

 

夕方の光の加減のせいか顔の表情ははっきりと見えないが、確かに顔だ。

 

帽子でもお面でもない。

 

それなのに、その人は俺の前方を俺と同じ方向へ走っているのだ。

 

さらによく見て確かめると、自転車の向きは俺と同じだったが、体はどちらを向いているのかよく分からなかった。

 

もう訳が分からなくなり、でもヤバイということは感じていたので、俺はとっさに曲がって横道に逸れた。

 

それからは後ろを振り返らずに、かなり回り道をして家に帰った。

 

何事もなく無事に帰宅できて良かったが、後になって思い返してみても怖い。

 

だってその人、俺が避ける度にすぐ同じ方向に動いていたからだ。

 

確実にこちらを認識していたと思う。

 

それに、いつの間に俺の前を走っていたのかもはっきりとしない。

 

あの日以外にその人に遭遇したことはないのだが、今でも前方に自転車が見えると一瞬ビクッとなってしまう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ