ある一家が行っていた恐ろしい過ち

千枚通し

 

興味深い話を聞いたので

紹介しておきます。

 

警察には未公開な事件が

多数あるらしいのですが、

 

そのファイルの一つに、

TSと銘打たれた事件がある。

 

事件はこうだ。

 

今から7年前(平成12年)

千葉県内にて連続殺人事件が発生した。

 

被害者は8名で、

全て20歳前後の男性。

 

遺棄された死体は全裸にされ、

 

睾丸が千枚通しで二つとも串刺しに

なっている姿で発見されたとのこと。

 

しかも、

生きている間に貫かれている。

 

これは、男性に深い怨みをもつ

女性の犯行とみて捜査を続けたが、

 

一向に犯人が挙がってこない。

 

仕方がないので、

 

一般公開し注意喚起とともに、

情報提供を求めようと考えた。

 

そんな時、

 

現行犯の逮捕チャンスに遭遇したが、

警察は取り逃がしてしまった。

 

何故か?

 

そこにいた捜査員の全員が、

恐怖で動けなかったという。

 

犯人はプロファイルされた女ではなく・・・

いや、人間ですらなかった。

 

正確に言うのなら、

(メス)というべきか・・・

 

奇形の様相だったという証言もある。

 

目の前で玉を串刺しにされ

悶える男を見ながら、

 

彼らは何もできなかった。

 

しかし、事が終わり、

その化け物が去る時には正気に戻り、

 

追跡を始めた。

 

その化け物は、

 

不動産で有名な資産家の宅へ

入っていった。

 

まさか・・・さらに犠牲者が?

と思い突入したが、

 

何もなかったかのように

主がいるだけだった。

 

事の次第を説明し、

捜査への協力を求めたが、

 

主は顔色を変え、

強く拒否した。

 

仕方なく署に戻り報告したが、

あまりに不可解かつ、

 

主が一連の事件に深く関わっていることは

一目瞭然であるため、

 

家付近をしばらく監視することに決定した。

 

一班は張り込みを、

そして二班は身辺調査を・・・

 

といった形で二つに分けて、

捜査は続けられた。

 

張り込み組に関しては一ヶ月以上、

何の成果もなく時は過ぎたが、

 

調査組に関しては、

興味深い事実を発見することができた。

 

その事実とは・・・

 

1、

その資産家の苗字○○○○(漢字四文字)は、

その土地でなくてもかなり珍しい名前。

 

2、

ある代以下は養子で家を継がせており、

実子が存在しない。

 

3、

ある代以下は結婚もせずに、

養子縁組だけで成り立っている。

 

4、

養子にしている子供の素性が不明。

 

等々・・・

 

さて、

成果の上がらない監視組はというと・・・

 

あまりの暇さに、

 

その化け物が入っていったことも

見間違いかも知れない、

 

と半ば諦めていた。

 

そんな中、23時頃、

 

家の中から悲鳴とも雄叫びともとれる音が

闇夜に響く。

 

捜査員は急いで

自宅のインターホンを鳴らした。

 

しばらくして、主が戸を開けた。

 

捜査員が先程の音の話しをすると、

主は途端に青ざめた。

 

何かある!

と捜査員は主の家へ踏み込む。

 

リビングや寝室等には異常は見られない。

 

やはり勘違いかと失望したが、

二度目の叫び声が家から聞こえた。

 

詳細に部屋内を調べると、

 

明らかに家の大きさからすると広すぎる、

デッドスペースがあるように思えた。

 

周りを捜索すると予想通り、

入口を発見したのだった。

 

中に入った捜査員は、

漂う腐臭とその光景に硬直したらしい。

 

そこで見た光景は報告書によると・・・

 

1、

追跡した犯人が寝ていた。

 

2、

犯人と同じ様相の生き物が二体、

そこにいた。

 

3、

すぐ側に大きな箱があり、

 

無造作に赤子と思しき腐った遺体が

入れられていた。

 

捜査員は無線で応援を呼び、

主を確保。

 

そして、

 

三体の化け物がいる部屋を閉ざし、

応援を待った。

 

応援が到着後、主を連行し、

取り調べを行った。

 

調書からのポイントは、

以下のようなものだった。

 

1、

あの三体は自分の家族であり、

母親、姉、娘であること。

 

2、

捨てられていた赤子も、

自分の子であること。

 

3、

○○○○家では近親相姦を繰り返し、

 

あのような化け物(奇形)

生まれてくることが多いこと。

 

4、

先祖から家が集落に呪われており、

集落の外に出ることも、

 

集落の外から嫁を迎えることも

出来なかったことが、

 

近親相姦の始まりであったこと。

 

5、

昔は奇形の赤子を埋めて棄てていたが、

 

今では簡単に捨てられない為に

保管せざるを得なかったこと。

 

6、

昔は勝手に自分の実子にしても

疑われなかったが、

 

今では制度が整いすぎて、

養子として実子を育てるしかなかったこと。

 

等々・・・

 

信じられない話が調書にまとめられた。

 

さて、

彼らはその後どうなったかといえば・・・

 

主は勾留中に自殺。

 

他の三体の家族たちは、

秘密裏に処理されたという。

 

主とのやり取りの中で、

 

「失礼ですが、

 

あのようなモノと性交を持つことに

嫌悪感はないのですか?」

 

という警察官の問いに、

 

「えぇ・・・家族ですから・・・」

 

と、微笑む主の顔が印象的だったと、

それを知る当事の警官は語ったという。

 

ちなみに調書では、

 

何故あの奇形が男性の睾丸を刺すのか?

ということについて、

 

結局は分からずじまいだったそうです。

 

それに、千枚通しが八本もある家も変だし・・・

と奇妙な話でした。

 

また、

何故に彼らが外に出るかといえば、

 

夜くらいは外の空気を吸わせてあげたいという、

主の気持ちだったとのことです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ