建築現場の事務所で泊まりの仕事中に

これは、11月頃の話です。

 

その日、

仕事が終わらなかった私は、

 

現場の事務所に泊まって

仕事しようと決めました。

 

上司二人も泊まりで仕事する

と言ってたので、

 

三人での現場泊まりが

確定しました。

 

夜0時頃になって

上司二人が、

 

「仕事終わったから

飲みに行くけど行くか?」

 

と誘われましたが、

 

「まだ仕事終わりそうも

ないので行きません」

 

そう断って、

 

私一人で事務所に残って

仕事をしていました。

 

そして1時頃、

一人でパソコンをいじってると、

 

ドアが「カタカタ」っと

揺れました。

 

上司が帰って来たのか

と思ったけど、

 

入って来ません。

 

「風かな?」

 

そう思った時、

今度は横の窓から

 

「コンコン」

 

と何かが当たる音・・・。

 

私は、上司が脅かそうと

してるのかと思い、

 

カーテンを開けました。

 

すると、

前には何もなく、

 

事務所は2階なのですが、

下にも誰もいませんでした。

 

ちょっと嫌な予感がした時、

 

またドアが「ガタガタガタ」と、

さっきより強く揺れました。

 

さすがにヤバイと思った。

 

なぜなら、

揺れているのはドアだけ。

 

もし風で揺れているなら、

窓だって揺れるはず。

 

ふとドアを見ると、

 

カーテンが少しだけ

開いていたので、

 

もしその隙間から

何か見えたら嫌だと思い、

 

ドアの鍵を掛けて、

カーテンを全部閉めました。

 

そしてイヤホンを付け、

音楽の音量を上げて、

 

パソコンだけを見て、

 

何も聞こえない、

何も見ない様にしました。

 

とにかく怖かった。

 

しばらく嫌な雰囲気に

包まれてる感じでした。

 

そんな時、

今度は視線を感じた。

 

見ちゃダメ、

と思うのとは裏腹に、

 

自然と視線が感じる方に

目がいってしまった。

 

すると、

 

カーテンの隙間から

顔半分がこっちを見ている。

 

全身の鳥肌が立った。

 

でもよく見ると、

上司だった。

 

上司は驚いた私を見て、

笑いながら入って来た。

 

上司二人は帰って来て

すぐ寝てしまったので、

 

私も寝る事にした。

 

安心して眠くなったんです。

 

でも、布団に入ってから

思い出しちゃったんです・・・。

 

ドアは鍵を掛けて、

 

カーテンは全部閉め切って

いたはずなのに・・・

 

ってね。

 

もちろん上司はその時、

鍵を持っていませんでした。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ