急死した父のフリをした娘の悪戯

スーツ

 

早紀ちゃん(仮名)が住んでいた

家の玄関はガラスの格子戸で、

 

上がり框のすぐ後ろにも、

すりガラスの引き戸がはまっていた。

 

※上がり框(あがりかまち)

玄関などの上がり口に取り付けた横木、あるいは板。よく腰掛けて靴を脱ぐところ。

上がり框

(上がり框)

 

早紀ちゃんのお父さんが「ただいま~」

と帰ってきて靴を脱いでいると、

 

その影がすりガラス越しに見える。

 

お母さんは廊下に顔を出して、

 

その大きなシルエットに「お帰りなさ~い」

と声をかけるのがいつもの光景だった。

 

早紀ちゃんが6年生の時に、

お父さんは家で突然倒れ、

 

そのまま運ばれた先の病院で

亡くなってしまった。

 

なんの前触れも無く伴侶を失った

お母さんの悲しみようは深かった。

 

玄関のコート掛けには、

 

倒れる前日に会社から帰ってきたお父さんが

ハンガーに掛けた背広が、

 

そのままになっていた。

 

いや、

お母さんがそのままにしていたのだ。

 

まるで、そうしていれば、

 

ひょっこりお父さんが帰ってくる・・・

とでもいうように。

 

早紀ちゃんにもその気持ちはよくわかった。

 

だけど、

三ヶ月ほど経ったある夕方、

 

背広を見ているうちに、

 

ちょっとイタズラしてやろう

という気持ちが湧いてきた。

 

いつまでも泣いてちゃダメだよお母さん、

お父さんだって浮かばれないよ、

 

という思いもあったのだろう。

 

お父さんの背広をそっと羽織って、

格子戸をわざと大きな音をさせて開ける。

 

すぐさま上がり框に腰掛けて、

靴を脱ぐ仕草をする。

 

背広はブカブカだったけれど、

 

夕陽に照らされてすりガラスに映った影は、

お父さんのように大きく見えているはず・・・

 

「は~い、どちら様で・・・」

 

お母さんが息を呑む気配がした。

 

「・・・あなた・・・なの?」

 

その瞬間、

早紀ちゃんの胸に後悔の念が押し寄せた。

 

その声は『お母さん』ではなく、

夫に呼びかける『妻』のものだったから。

 

ちょっとからかうつもりだったのに、

夫が帰って来たと心の底から信じている。

 

ごめん!お母さん!

ほんとはアタシだよ!

 

慌ててそう言ったつもりだった・・・

 

でも、口から出た言葉は違った。

 

その言葉は、

太い男の声で「ただいま」・・・と。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ