僕は君のことをいつも見ているんだよ

スマホ アイホン

 

ある若い女性の携帯に、

その電話は突然かかって来た。

 

「僕は君のことをいつも見ているんだよ」

 

電話の相手は自分の名も告げず、

いきなり彼女に向かってそう言った。

 

相手の男の声に、

彼女は全く心当たりはない。

スポンサーリンク

男の狙いは一体・・・

男は「彼女の一日の行動を見ていた」

と言っては、

 

その様子を詳細に語り始めた。

 

だが、その語られた内容は、

 

彼女の実際の一日の行動には

ひとつも当てはまらなかった。

 

変ないたずらをする奴がいるな。

 

そう思った彼女は、

無言で電話を切った。

 

その翌日の夜にも、

同じ相手から電話がかかって来た。

 

男はまたも一方的に、

 

彼女の今日一日の行動と称したことを

語り始めたのだが・・・

 

やはりその内容は、

 

彼女の実際の一日の行動には

まったく当てはまらない。

 

どうやら彼女のことを、

誰か別の人と勘違いしているようだ。

 

また同じように、

彼女は無言で電話を切った。

 

次の日も、そのまた次の日も、

男からの電話はかかって来る。

 

いい加減うっとうしくなった彼女は、

男に向かってこう言い放った。

 

「いい加減にしてください!

私はあなたが狙ってる人じゃありませんよ!」

 

その日以来、

男からの電話はかかって来なくなった。

 

それからしばらくしたある日。

 

彼女がこの電話の一件を

すっかり忘れかけた頃になって、

 

またもやあの男から電話がかかって来た。

 

ただ・・・

今度は以前と少し様子が違った。

 

「この前は本当にごめんなさい」

 

そう言って、

男は彼女に謝罪した。

 

やはり彼女が思った通り、

男は番号を間違えて電話をしていたのだ。

 

あるいは、

 

男に電話をかけられたくなかった

どこかの女性が、

 

デタラメの番号を教えていたただけ

なのかも知れない。

 

だが、彼女にとっては、

そんなことはどうでもいい問題だ。

 

彼女は一刻も早く、

 

このストーカー男との話を打ち切り、

電話を切ってしまいたかった。

 

しかし、

次に男が話し始めたことを聞くと、

 

彼女はその場に凍りついてしまい、

それが出来なくなる。

 

男は「彼女の今日一日の行動を見ていた」

と言っては、

 

その様子を詳細に語り始めたのだ。

 

その話の内容は実際の彼女の行動に、

ピタリと一致するものであった。

 

「ヒッヒッヒッ、だから言っただろ」

 

男は楽しそうに彼女に言った。

 

「僕は君のことをいつも見ているんだよ。

ヒッヒッヒッヒッヒッヒッ・・・」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ