とある自殺志願者募集サイトの恐ろしい真実

ノートパソコン

 

今から10年以上も前の話になる。

 

俺は当時19歳のフリーターで、ガソリンスタンドの夜勤バイトへ出勤するため、原付バイクで向かっている途中だった。

 

ウインカー無しで右折してきた軽自動車と正面衝突し、俺はフロントガラスに顔面を強打しながら吹っ飛ばされて重傷を負った。

 

大腿骨を骨折して2ヵ月半ほど入院するはめになり、右足の中には金属の棒を入れられて退院した。

 

バイトは辞めることになり、右足の筋肉は牽引で全部無くなり、1年後には足に入れた金属を抜く手術もあるしで、まさにニート街道まっしぐらだった。

 

車に撥ねられた直後に感じた、「今死んだら誰にもお別れすら出来ないし、明日にはもうこの世にいないのか・・・」という恐怖を思い出すと、それを乗り越えたのが今の自分だと言い聞かせて妙に活力が出た。

 

実際には「痛い痛い」と喚いていただけで、救急隊や医者や看護師や家族に救ってもらったのだが。

 

しかし、活力はあるが体は動かない。

 

そんな俺はインターネットばかりをやっていた。

 

ADSLが普及して、2chではFLASHなどが流行っていた頃だ。

 

ニートながら怪我人なので、朝から居間のパソコンでネットをしながらワイドショーを見ていても、家族の誰にも何にも言われない。

 

そんなテレビでの当時の話題は『自殺サイト』だった。

 

今もあるかは知らないが、「自殺したいけど怖い」という人が、集団で自殺をするために志願者を募るサイトだ。

 

俺は早速、自殺サイトとやらをネットで調べてみると、色々とその手のサイトが出てきた。

スポンサーリンク

俺が事実を知ったのは2年後だった

俺はあっちこっちのサイトを覗きながら、一番書き込みが多いサイトに注視するようになった。

 

なぜ自殺するのに仲間が必要なのか?

 

ここの管理人は、どうしてサイトまで作る手間をかけて自殺者を募って自由にやり取りさせたりするのか?

 

そんな事に俺は興味が湧いた。

 

「○○県住みで車出せます。練炭で5人まで募集です」

 

そんな内容の書き込みが目に留まった。

 

正直なところ、俺には今から死のうという人間の心理は理解できないが、こんな事を書き込みする奴らは殺人癖でもあるんじゃないか?と思い、書き込みした本人らにメールを送って話を聞いたりしていた。

 

が、実際に返信されたメールを読む限り、本当に自殺したいのか?というような胡散臭い奴らばかりだった。

 

さらには、テレビ関係者と名乗る人物が現れて、「自殺志願者にインタビューがしたい」とか、そんな書き込みもあった。

 

俺は、そんな奴にもメールを送った。

 

話を聞けば、俺と同じように自殺志願者に興味があったようだった。

 

また、サイトの管理人と連絡を取りたがっていた。

 

「ここに集まる人はグズばかりだな。生きるのか死ぬのかハッキリしろよ」

 

何人かと連絡を取り合ううちに、俺はそんな風に思って説教を始めた。

 

自殺が否定されるべき事だとすると、死にたいと思っていないニートである俺は、かなり強気に発言することが出来た。

 

胡散臭いスレッドの発起人の揚げ足を取って、志願者に説教をたれた。

 

新しい発言がある度に、掲示板を荒らしまわった。

 

今思うと、足が折れてニートをやっていて、次にどう生きていこうか不安で仕方なかった自分にとって、弱い者イジメをするには格好の連中だったんだなと思う。

 

俺もクズだった。

 

生きろ生きろと言う一方で、グダグダ言わないで死ね、誰も助けやしないぞと、親の金で生活をしてネットをしている俺が偉そうに語っていた。

 

しかし、俺は一人ではなかった。

 

そこで大暴れするうちに、二人の友人が出来た。

 

17歳で少し精神が病んでいる『アヤ』という子と、パソコンに強い『黒猫さん』という人達だ。

 

俺達はメッセンジャーでよくチャットをしていた。

 

アヤは俺と同様に、荒らしまわって掲示板の機能をほぼ壊滅させていたのだが、黒猫さんは俺達とは違って、スレッドの発起人や志願者のメールアドレスにメール爆弾やらウイルスやらを送り込んでいたらしい。

 

そして、稀に発言する時には「ねえ、管理人さん」と話しかけていた。

 

そんなこんなで掲示板荒らしは2ヶ月ほど続いた。

 

俺達はいつも同じ掲示板でダベり、『自殺サイト』のキーワードで検索ランキング上位だったそのサイトの掲示板は、もはや集団自殺嘲笑掲示板へと姿を変えていた。

 

俺達3人は、数ある自殺サイトの中でも、そのサイトの掲示板だけを荒らし続けた。

 

俺は人が一番多いそのサイトを手動で駆逐することを目的としていた。

 

アヤは友達になった俺とよく話せるから、そのサイトに常駐していたのかも知れない。

 

ただ、黒猫さんは俺達の浅はかな考えとは少し違う、別の目的があったみたいだ。

 

ある日、いつも通りにネットを巡回していて、『集団自殺募集掲示板』のブックマークをクリックした。

 

すると、画面はいつもの背景なのに、全く別のサイトが立ち上がった。

 

何度もクリックをし直してみるが、間違いではない。

 

掲示板のタイトルは、『●● SHOULD DIE』(●●は俺のハンドルネーム)

 

※SHOULD=~するべきだ

※DIE=死ぬ

 

今まで見ていた掲示板のログは全部流れてしまっていて、代わりにそこには大量のハングル文字のスレッドが乱立していた。

 

尋常な数ではない書き込みだった。

 

俺は慌ててメッセンジャーで黒猫さんに連絡をした。

 

その当時、ハングル文字が何を意味するかなんて、俺には想像もつかなかった。

 

ネットで嫌韓が本格化するのはそれから2年後くらいからだったので、本当に意味が分からなかった。

 

そんな国だなんて知らないし、恨まれてるとも知らなかった。

 

黒猫さんから返事があった。

 

「ハングル文字で貴方の居場所を特定して殺す方法を話し合っています。前々から尻尾を掴みたかったのですが、貴方のような戦法が一番効果的だったんですね。ありがとう」

 

俺には意味が分からなかった。

 

なぜ、自殺募集を妨害した俺に向けられた言葉がハングル文字だったのか?

 

なぜ、死ぬ必要もない管理人が自殺サイトを立ち上げて自殺志願者の掲示板を作る必要があったのか?

 

なぜ、テレビ関係者と黒猫さんが表舞台に立たない管理人にずっと執着したのか?

 

浅はかだった俺がその事実を知ったのは、それから2年後だった。

 

黒猫さんは、こんな話は面倒くさくて俺には教えてくれなかったのだと思う。

 

俺が見ていたあのサイトの掲示板は、自殺したい人を募る需要に合わせた掲示板なんかではなかった。

 

異国の人間が、わざわざ日本語で自殺サイトを作り、『日本人が死ぬことを目的にした』とんでもないものだった。

 

その後も、色々と自殺の方法を紹介したサイトが出てきている。

 

俺はその事件の後、消防士になった。

 

硫化水素自殺が流行った時に、2chでは「硫化水素は綺麗に死ねる」と書いている奴がいて、俺は否定した。

 

なぜなら、濃度によっては肌が緑色になる。

 

というより、綺麗な死体なんて現場になかった。

 

緑色になると書いていた人は他にもいたが、本当にそうだった。

 

しかしそれに対し、必死で噛み付いてくる奴らがいたのも事実だ。

 

日本人が自殺して『得をする』というのか、満足する人間達がそういったサイトを作って案内しているのだ。

 

死にたい奴は勝手に死ぬのだが、そういったサイトを作って得をしているのは一体誰なのか?

 

これらの事に、凄く合点のいった話だと思わないだろうか?

 

※当記事は過去に匿名のネット掲示板に投稿されたものであり、内容の信憑性については各自の判断に委ねます。

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ