求人広告を見た者ですが 2/2

求人雑誌

※前回までの話はこちら

やがて、電車が轟音を立ててホームに滑り込んで来て、ドアが開いた。

 

乗り降りする人々を見ながら、私はようやく腰を上げた。

 

腰痛が酷い。

 

ふらふらと乗降口に向かう。

 

体中が痛む。

 

(あの電車に乗れば…)

 

そして乗降口に手を掛けた時、車中から鬼のような顔をした老婆が突進してきた。

 

どしん!

 

私は吹っ飛ばされ、ホームに転がった。

 

老婆もよろけたが、再度襲ってきた。

 

私は老婆と取っ組み合いの喧嘩を始めた。

 

悲しいかな、相手は老婆なのに私の手には力がなかった。

 

「やめろ!やめてくれ!俺はあの電車に乗らないといけないんだ!」

 

「なぜじゃ!?なぜじゃ!?」

 

老婆は私にまたがり顔を鷲掴みにして、地面に抑え付けながらそう聞いてきた。

 

「りょ…旅館に行けなくなってしまう!」

 

やがて駅員たちが駆けつけ、私たちは引き離された。

 

電車は行ってしまっていた。

 

私は立ち上がることも出来ず、人だかりの中心で座り込んでいた。

 

しばらくして、老婆が息を整えながら言った。

 

「おぬしは引かれておる。危なかった」

 

そして老婆は去って行った。

 

私は駅員と少し応答をしたが、すぐに帰された。

 

駅を出て、仕方なく家に戻る。

 

すると、体の調子が良くなってきた。

 

呼吸も戻ってきた。

 

鏡を見ると、血色が良い。

 

不思議に思いながらも家に帰った。

 

荷物を下ろし、タバコを吸う。

 

落ち着いてから、やはりバイトを断わろうと旅館の電話番号を押した。

 

すると、無感情な軽い声が帰ってきた。

 

『この電話番号は現在使われておりません』

 

押し直してみる。

 

『この電話番号は現在使われておりません』

 

私は混乱した。

 

まさにこの番号で今朝電話が掛かってきたはずだ。

 

(おかしい…おかしい…おかしい…)

 

通話記録を取っていたのを思い出した。

 

最初まで巻き戻す。

 

キュルキュルキュル、ガチャ。

 

再生。

 

『ザ…ザザ……はい。ありがとうございます。〇〇旅館です』

 

(あれ?)

 

私は悪寒を感じた。

 

若い女性だったはずなのに、声がまるで低い男性のような声になっている。

 

「あ、すみません。求人広告を見た者ですが、まだ募集していますでしょうか?」

 

『え、少々お待ち下さい。……ザ…ザ…ザザ……い、……そう……だ………』

 

(ん?)

 

私はそこで、何が話し合われているのか聞こえた。

 

巻き戻して音声を大きくする。

 

『え、少々お待ち下さい。……ザ…ザ…ザザ……い、……そう……だ………』

 

巻き戻す。

 

『……ザ……ザ……ザザ……むい………こご…そう………だ………』

 

巻き戻す。

 

『さむい…こごえそうだ』

 

子供の声が入っている。

 

さらにその後ろで、大勢の人間が唸っている声が聞こえる。

 

(うわぁ!!)

 

私は汗が滴った。

 

電話から離れる。

 

すると、通話記録がそのまま流れる。

 

『あー、ありがとうございます。こちらこそお願いしたいです。いつから来れますか?』

 

「いつでも私は構いません」

 

記憶にある会話。

 

しかし、私は中年のおじさんと話をしていたはずだ。

 

そこから流れる声は、地面の下から響くような老人の声だった。

 

『神尾くんね。早くいらっしゃい』

 

そこで通話が途切れる。

 

私の体中に冷や汗が流れ落ちる。

 

外は土砂降りの雨である。

 

金縛りにあったように動けなかったが、私はようやく落ち着いてきた。

 

すると、そのまま次の通話記録が流れる。

 

今朝、かかってきた分だ。

 

しかし、話し声は私のものだけだった。

 

『死ね死ね死ね死ね死ね』

 

「はい。今準備して出るところです」

 

『死ね死ね死ね死ね死ね』

 

「あ、すみません。寝起きなので」

 

『死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね』

 

「あ、大丈夫です。でも、ありがとうございます」

 

私は、電話の電源コードごと引き抜いた。

 

渇いた喉を鳴らす。

 

(な…何だ…何だこれ…。何だよ!?どうなってんだ?)

 

私はその時、手に求人雑誌を握っていた。

 

震えながらあのページを探す。

 

すると、何かおかしい。

 

(……ん?)

 

手が震える。

 

そのページはあった。

 

だが、求人雑誌は綺麗なはずなのに、その旅館の1ページだけがしわくちゃで、何かシミのようなものが大きく広がり、少し端が焦げている。

 

どう見ても、そのページだけが古い紙質だった。

 

まるで、数十年前の古雑誌のように。

 

そしてそこには、全焼して燃え落ちた旅館の写真が掲載されていた。

 

記事も書いてあった。

 

【 死者30数名。台所から出火した模様。旅館の主人と思われる焼死体が台所で見つかったことから、料理の際に炎を出したと思われる。泊まりに来ていた宿泊客たちが、逃げ遅れて炎にまかれて焼死 】

 

(これ…何だ?求人じゃない…)

 

私は、声も出せずにいた。

 

求人雑誌が風でめくれている。

 

私は痺れた頭で石のように動けなかった。

 

その時ふいに、雨足が弱くなった。

 

一瞬の静寂が私を包んだ。

 

電話が鳴っている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ