原発並み

・「みえるひと」な女友達Aの言では、

 Bの身体を出入りしている何か普通の霊と

 違うものがいる。

 (寄生虫?居候?みたいな状態らしい)

 

・B本人は気づいてないが、

 霊的なものは大抵それを避けるから、

 Bは心霊体験出来ない。

 

・とりあえず当時のAが知る限り、

 ソレはBを守っていた。

 

・でもAが感じる気配では、

 とても善意の守護ではない。

 っていうか悪い感じらしい。

 

・強力な霊とBのナニかが戦うときには、

 B当人は爆睡するっぽい。(Aの推測)

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 

ここまでは前回に書きました。

 

それを前提として、当時、

女友達Bの元彼氏(Eとします)に聞いた

小話を思い出して。

 

Eは一度、

Bを実家に連れて行ったそうです。

 

そしたら今までの歴代彼女には

親切で礼儀正しかったE姉が、

Bに対しては非常に失礼だったそうな。

 

無茶な因縁をつけて

頭からお茶をかけたり、

口汚く罵ったり、

失礼というよりイジメのレベル。

 

とにかく酷くイライラした感じで、

ついにEは姉を台所へ呼び、

 

Bを部屋へ残して、

E母とEとで責めたんだそうだ。

 

そしたらE姉の言い分が、

 

E姉「裏のお墓の仏様が、

みんなして狂ったように暴れて怖がってる!

あんな女が家の中に居るだけで、

私だって嫌だ!!」

 

と、こうだったそうだ。

 

EもE母も呆れて相手にせず、

あまりにE姉が言い張るので、

 

近いうちに心療内科へ連れて行こうかと考えつつ、

Eは話を切り上げてBのところへ戻った。

 

そしたらなんと、

Bは座布団枕に寝てたんだと。

 

いくら起こしても起きないBに

E母は呆れ返り、

 

しかも、E姉は追い出せ追い出せと

うるさいので、

 

とりあえずEに告げてBを連れ出させ、

帰らせた。

 

ここまでなら単なる女同士のイビリなんだが、

その後があった。

 

E姉が言った通り、E家の裏には

広めの墓地(その向こうに寺も)があり、

 

EがBを車に乗せて走り去った次の日、

その墓地で大騒ぎがあったそうだ。

 

一夜にして倒れた墓石、

・・・数十個。

 

真っ二つになったのやら

ヒビが入ったのやら、

 

削り取られたように表面の文字が

消されてたものまであり、いくつもの墓石が

エライことになっていたとか。

 

その後、Eが実家付近の噂を

E母から聞いたところでは、

 

何でも、いくつかの家が、

何度墓を直しても倒れる。

 

ある家が霊能者を頼んだところ、

 

霊者「ダメですね。何度お墓を直しても、

もうご先祖様を呼び戻して安らかに

眠らせることは出来ません・・・。

 

お気の毒ですが、今後の埋葬には

別の場所を探された方が良いかもしれません」

 

と言われたとか。

 

Bの「ソレ」と墓地の仏様が、

揉めたんだろうか。

 

ってか、

E姉は「みえるひと」だったのか。

 

「ソレ」と揉めていなくなっちゃった仏様は、

どこに行ったんだろう?と、

 

その話を聞いた後でAに尋ねてみたら、

 

A「考えたくないから。てか、凄い気の毒だよね。

マイホームで寛いでたら、お隣に原発が

移動してきたみたいな状態だったと思うよ、

その人たちにしたら」

 

・・・確かに考えたくない事態だな、

と思いました。

 

(終)

シリーズ続編→印 1/2へ

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “原発並み”

  1. あおば より:

    この話読んだ後に広告見たらお墓についてだった

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ