友人から見せられた数枚の写真には

僕は、数枚の写真を

見せられていた。

 

霊感があるというだけで、

霊的な相談を受けていた。

 

僕はどうすることも出来ない。

 

そして、友人のKには、

どう伝えたらいいんだろうか・・・。

 

写真に写っているものに、

Kは面識が全く無いようだ。

 

その写真には、Kと、

Kの2歳の弟が写っていた。

 

弟を寝かし付けているところを、

Kの母が撮影したようだ。

 

ただそれだけの写真。

 

が、その写真には、

 

写るはずのない人が

写っていた。

 

Kは言葉を発しなかった。

 

「俺にどうしろと?」

 

K「・・・分からない。

どうしたらいい?」

 

「とりあえず、御祓いに

すぐ行った方がいい」

 

K「俺、憑かれてるのか?」

 

「分からない」

 

としか言えなかった。

 

話は2日前に戻る。

 

僕はバイト帰り、

自転車を漕いでいた。

 

ふと遠くの方で、

人影が見えた。

 

こっちに向かって

歩いているようだ。

 

徐々に近づいて来る。

 

良く見ると、

20代前半のようだ。

 

スタイルも良く、

僕好みだ。

 

そうこうしているうちに、

すれ違った。

 

顔も悪くない。

 

しかし、

声を掛ける根性はない。

 

・・・

 

また、人影があった。

 

もう夜中の1時だというのに、

みんな物騒だなぁ・・・。

 

ぼーっとしながら、

いつのまにか、すれ違った・・・。

 

ん?

 

なにか、違和感が走った。

 

さっきの女の人・・・

また今、すれ違った?

 

キィィィィ。

 

自転車を止め、

振り返った。

 

誰もいない。

 

いや、誰かいる。

 

電柱の影から、

さっきの女がこっちを見ている。

 

なんかヤバイな・・・。

 

とりあえず、急いで自転車を

進めることにした。

 

わりとスピードは出ていた。

 

何気に振り返る・・・。

 

誰もいない・・・。

 

いや、物凄い速さで、

転々と移動するものがある。

 

電柱の後ろ、

自販機の陰、

交差点の影、

 

同じスピードで

瞬間移動するかのように、

 

追っかけて来る。

 

しまった!

人間じゃない・・・。

 

思わずKに電話した。

 

「はぁはぁ、おい、遅くにスマン。

今から暇か?行っていいか?」

 

K「はぁ?なんやねん。

別に構わんけどさー」

 

「分かった。もう着くから」

 

数分後、

 

後ろを見ることなく、

K宅へ着いた。

 

「はぁはぁ、すまない。

はぁはぁ・・・」

 

K「なんかあったのか?」

 

「いや、特にはないが、

ちょっと暇だったんで・・・」

 

K「相変わらず変なヤツやな」

 

K宅の窓から外を見た。

 

そこには・・・

 

静寂と暗闇の中に、

街頭だけが輝いていた。

 

K「俺、御祓い行って来るよ」

 

「あぁ、そうするといい。

俺には何もしてやれん」

 

K「出来たら一緒に来てくれないか?

 

俺、どこにいても、

この写真のヤツが見えるんだ。

 

頼むよ・・・

怖くて風呂も入れないんだぞ。

 

湯船にまで映るんだよ・・・」

 

「ごめん、俺は行けないわ」

 

K「なんでだよ!友達だろ?

お前しかいないんだよ。

 

この女から助けてくれ」

 

「ごめん、本当に出来ない。

今日は帰るわ・・・」

 

K「頼むよ・・・」

 

そう言って、

僕は急いで帰った。

 

薄情なのかも知れない。

 

僕にどうにか出来たのかも

知れないのに・・・。

 

でも、あれは無理だったんだ。

 

だって今、君にしがみ付いて

離れようとしなかったから・・・。

 

そしてごめん、

僕が連れて来てしまって・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ