隙間女

ある男性が自分の部屋の中で、

何者かの視線を感じるようになった。

 

辺りを見渡したりしたが、

部屋の中にいるのは自分一人である。

 

だが、

 

見られているという感覚は拭えず、

しばらく続いた。

 

男性は不安になり、

室内を物色してみたが見つからない。

 

男性はますます心配になって、

念入りに部屋を探すことにした。

 

すると、

ふと視線の正体を発見してしまった。

 

タンスと壁のわずかな隙間から、

じっとこちらを覗いている女がいた。

 

検証

この手の話によくあるのが、

見えない存在を「探す」という行為。

 

こちらから何かを探していると、

あちらから見つけてもらえるという。

 

遊びで心霊スポットへ行くなと言うのは、

そういった事も起る危険があるからだ。

 

一度でも霊に見つかってしまうと、

手遅れになるかも知れません・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ