勉強中に背後から感じた視線

勉強

 

7歳になる息子は、

部屋の机で勉強をしていました。

 

・・・が、しばらくして、

 

背後から視線のようなモノを

感じたそうだ。

 

息子は決心し、

恐る恐る後ろを振り返る。

 

すると、

そこにあったのは鏡。

 

「なあ~んだ、

 

さっきの正体は鏡に映った

自分の視線だったのか~」

 

息子は満足したようで、

また勉強に向かっている。

 

周囲には自慢の賢い息子。

 

(終)

解説

鏡の方を向いたら、

鏡に自分の目が映るのは当たり前。

 

勉強中は鏡に背を向けているのだから、

背後からの視線は自分のものではない。

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ