江戸幕府最後の将軍は予言されていた

ご存知のように、

 

江戸幕府最後の将軍は、

徳川慶喜(よしのぶ)である。

 

この慶喜、

 

江戸幕府より北東の方角にある、

水戸藩から将軍に迎えられた。

 

だが、

徳川幕府お抱えの坊、

 

あの明智光秀の後の姿

とも言われる南光坊天海は、

 

不気味な予言を遺していた。

 

「鬼門より世継ぎ(将軍)を迎える時、

徳川家は終焉する」

 

・・・と。

 

そして予言通り、

 

江戸から見て鬼門の方向(北東)

に位置する水戸から、

 

徳川家は将軍を迎える事となるのだ。

 

それが徳川家最後の将軍

とも知らずに・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ