江戸幕府最後の将軍は予言されていた

ご存知のように、

 

江戸幕府最後の将軍は、

徳川慶喜(よしのぶ)である。

 

この慶喜、

 

江戸幕府より北東の方角にある、

水戸藩から将軍に迎えられた。

 

だが、

徳川幕府お抱えの坊、

 

あの明智光秀の後の姿

とも言われる南光坊天海は、

 

不気味な予言を遺していた。

 

「鬼門より世継ぎ(将軍)を迎える時、

徳川家は終焉する」

 

・・・と。

 

そして予言通り、

 

江戸から見て鬼門の方向(北東)

に位置する水戸から、

 

徳川家は将軍を迎える事となるのだ。

 

それが徳川家最後の将軍

とも知らずに・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ