切断された生首の映像がテレビに

昔に大阪で、

ある深夜番組が放送されていた。

 

笑福亭鶴瓶師匠の番組である。

 

その番組で、

 

怪奇現象の特集のような

回があった。

 

そこに、1枚の心霊写真が

送られてきた。

 

女の子が3人写っている写真で、

 

それぞれ、腕、足、首が

写っていない。

 

そして、そのうちの2人は

事故で亡くなり、

 

それぞれ写真に写っていなかった

脚と腕を無くして死んだ、

 

と説明された。

 

写真を送ったのは、

 

最後の生き残りでもあった

首の無かった女の子だったが、

 

彼女は写真の呪いを

とても恐れていた。

 

そこで、

 

番組側が呪いなど存在しないことを

番組中で証明しようとして、

 

彼女に番組へ出演してもらおう

と考えた。

 

しかし、深夜の生放送番組

のことだったので、

 

彼女の母親も同伴して、

テレビ局にやってくる段取りになった。

 

ところが、

 

目的地に到着した直後、

 

彼女は突っ込んで来た

車に撥ねられ、

 

写真の通り、

首を切断されて死んでしまい、

 

同行していた母親は錯乱して、

 

娘の首を持ったまま、

収録スタジオに飛び込んで来たのだ。

 

そのため、

数秒間とは言え、

 

テレビに生首の映像が

大阪中に放送されてしまった・・・

 

のだそうだ。

 

業界関係者の間では、

 

今でもこの話がタブーに

なっているのだとか・・・。

 

この話の主役とされる鶴瓶師匠も、

 

この都市伝説が広まっているのは

ご存知なようで、

 

「俺、こんな噂立つような

キャラちゃうで!」

 

って怒りながら笑っていたそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ