自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 2/3

屋上

前回までの話はこちら

「じゃあ、分かりました。クールダウンのために一つ質問しましょう」

 

「どうせまた、いやらしいことに結び付ける気でしょ?」

 

「違います違います。今度は真面目な質問です。あなたは死んで、それからどうするんですか?」

 

「……どういう意味ですか?」

 

「フッ、そのままの意味ですよ。考えてみましょうよ」

 

「そう言われても、よく意味が分かりません」

 

「だーかーら、自殺してその後にどうするかって話ですよ。自殺する楽しみをあなたが見出すために僕は質問してるんですよ」

 

「はあ。死後の世界のことですか。でも確かに、死後の世界とか幽霊って存在はあるっぽいですもんね」

 

「ええ。一考の価値はあると思いますよ」

 

「死んだらどうなるんでしょうね。なんだか色んなことが出来そうですよね。あっ、でも、天国へ行くとか地獄へ行くとか、そういうのもありますもんね」

 

「意外と考えてみると、なかなか止まらないでしょう」

 

「でも、こんなことを考えても何も変わりませんよ」

 

「自殺への意欲を高めることには繋がりますよ」

 

「そうですねえ。じゃあ、死んだら素敵な恋人を作ります」

 

「死んでから始まる恋ですか」

 

「ええ。素敵な幽霊の恋人を作ります。そして、幸せになります。そうすれば、私の自殺は間違っていなかった、って証明も出来ますからね」

 

「楽しそうですね」

 

「あなたの提案でしょう?」

 

「まあそうですけど」

 

「天国とか地獄とか、そういうのは分かりませんけど、考えるのはやめておきましょう」

 

「うーん」

 

「なんですか?俗物的とか言いたいんですか?」

 

「いえ。やっぱりほぼ全ての人間が、そういう風に思い込んでるんだなと思って」

 

「思い込んでる?何を?」

 

「そもそも、疑問に思ったことはありませんか?」

 

「……えっと、幽霊なんて実はいないとか、そういう話ですか?」

 

「いえ。幽霊の有無に関しては、いると思いますよ。たぶん。それより、こういう疑問を持ったことはありませんか?心霊写真とかってありますよね?あれって凄く変だと思いませんか?」

 

「おっしゃってる意味が全然分かりません」

 

「まあ、人が死ぬ理由は色々ありますから、一概には言えませんけど。こういう心霊写真の話は聞いたことありません?『自殺した人間の霊が、その自殺現場で撮った写真に写る』。これって、おかしいと思いませんか?」

 

「別に。なにか強い怨念とかがあって写るとか、そんな感じでしょ」

 

「じゃあ、あなたに質問します。自殺した後、写真に写りたいって思いますか?死んで、生きてる人間から開放されることを望んだ結果が自殺だったのに」

 

「……人それぞれでしょう。そんなの」

 

「でも、あなたのように、死んで他の幽霊と添い遂げて幸せになったら、写真に写ったりしないんじゃないですか?たとえ写ったとしても、あんな風に見た人を戦慄させるような写り方をしますかね?」

 

「もっとはっきり言ってもらっていいですか?私には、あなたが何を言いたいのか全然分かりません」

 

「全ての人が勝手に信じてることへの疑問ですよ。死んで幽霊になる。まあこれはいいでしょう。問題はその次です。幽霊になったら他の幽霊も見える。生きてた時に見えなかったものが、死んだら見えるようになる。どうしてそんな風に人々は思い込んでるんでしょうか?」

 

「幽霊になっても、幽霊は見えない……」

 

「不思議ですよねえ。幽霊を信じない人はいます。ですが、死んだら幽霊が見えるということについては、疑う人いないんですよ」

 

「だからなんだって言うんですか?そんな脅しで、私が自殺するのをやめるとでも?」

 

「同じことを言わせないでくださいよ。僕にはあなたをどうこうする資格はありませんって。ただ転がらない疑問を転がしてみただけです」

 

「あなたの疑問なんてどうでもいいんですよ」

 

「いいんですか?」

 

「同じことを言わせないでください」

 

「あっ、真似した」

 

「あなたが先に私の真似をしたんです」

 

「じゃあ、あなたは別の誰かの真似をしたんですよ」

 

「そうかも知れませんね」

 

「それに、あなたにとっては重要な疑問だと思ったから言ったんですよ。これから死ぬ人にとっては考えるべきことじゃありません?」

 

「死んでからのことなんて、やっぱりどうでもいいです」

 

「では、生きてる間のことについて考えましょうよ」

 

「そうですね……って、なにまた話を続けようとしてるんですか!?」

 

「まあまあ。こうして僕と話しているうちは、あなたは抱かれることはありませんよ?」

 

「はあ……言われたことありませんか?」

 

「何をですか?」

 

「しつこいって」

 

「……」

 

「凄い真面目な顔して考えてますね。心当たりがあり過ぎるんですね」

 

「いいえ。あなたが初めてです」

 

「嘘は要りません」

 

「ホントなのになあ」

 

「はいはい。それで、何の話をしてたんでしたっけ?」

 

「あれれ?話す気になったんですか?」

 

「あなたが話してくれませんからね」

 

「ちょいちょい微妙なことを言いますよね。あなた」

 

「うっさい。話すなら話してください。死にますよ?」

 

「はいはい。分かりましたよ」

 

「……」

スポンサーリンク

「どうして人は、死ぬことを怖いと思うんでしょうか?」

 

「知りません」

 

「少しは考えましょうよ」

 

「本能」

 

「本能、ですか」

 

「死を恐れるのは人間だけですよね。動物とかは本能的に生きようとしますし」

 

「あなたってロマンがないですよね」

 

「嬉しそうに言わないでください」

 

「僕、女の人ってもっとキラキラしてるのかと思ってました」

 

「これから死ぬって人間が、目を輝かせてロマンチックなことを言うとでも?」

 

「あはは。確かに」

 

「じゃあ、ロマンのある死を恐れる理由ってなんですか?」

 

「ロマンチックかどうかは分かりません。ですが、疑問に思うことをやめるのって、死んでるのと同じことだと思うんですよ」

 

「一理あるかも知れませんね」

 

「謎や疑問は、いくらでも日常に溢れてると思うんです」

 

「そう思って生きることが出来たら楽しいでしょうね」

 

「ええ。きっとね」

 

「……あなたって鈍感ですよね」

 

「え?なんだって?」

 

「絶対聞こえてましたよね。ていうか、話が進みませんね。あなたの考えを教えてください」

 

「分かりましたよ。死んだことがない人間が、どうして死を怖いと思うのか。実は僕たちは、死ぬこと自体はそれほど恐れてはいないんじゃないでしょうか」

 

「じゃあ、何を恐れてるんですか?」

 

「死んだ後のことですよ。実は僕たちは、なんとなく知ってるんじゃないでしょうか?死んだその後のことを」

 

「死んだその後?」

 

「ええ。その先にあるものを、僕たちはおぼろげに知っている。生きてるよりずっとつらいことが、死んでから待ち受けている」

 

「笑えないですね」

 

「笑えないですよ。生きてるのがイヤになって自殺したら、生きてるよりつらいことが待ち受けていた、なんてねえ」

 

「随分とニコニコしながら言いますね」

 

「たぶん最初からじゃないですか」

 

「ええ。私と話していてここまでニコニコしてる人は、あなたが初めてです」

 

「やだなあ。照れるなあ」

 

「そして、ここまで人と話してイライラしたのも初めてです。知った風な口を利く人が嫌いなんです、私」

 

「ああ、分かりますよ、それ」

 

「あなたのことなんですけどね!」

 

「言われなくても知ってますって」

 

「あなたのような人は、私みたいな人間にとって一番イヤなんですよ」

 

「自殺をする人間からしたら、それを止める人間は死神みたいなものですもんね」

 

「……しかも上から目線で、分かりきったことを延々と言ってきますからね」

 

「現実から逃げようとしてるのに、現実を突きつけて引き止めようとしますからね」

 

「あなたみたいな人、本当に嫌いです。些細なことを取り上げて、ネチネチと言ってくる人間ってムカつきます。上から哀れみの視線を送ってくる人も嫌い。親切とお節介をはき違えてる人とか最低です」

 

「自分のことは?」

 

「……考えたくもないです」

 

「僕のことは?」

 

「よくこの流れでそれをぶち込んできますね。あなたのことも嫌いです」

 

「どうして!?なんで!?」

 

「疑問に思う部分じゃないでしょう、そこは!全ての人間が嫌いです。私より幸せそうに生きてる人も、私よりも不幸なのに生きてる人間も。生きてる人間なんて嫌い」

 

「じゃあ、僕のことは嫌いじゃないってことですね」

 

「……え?」

スポンサーリンク

「だって今、言ったじゃないですか。『生きてる人間なんて嫌い』って」

 

「つまらない冗談ですね。これっぽっちも笑えません」

 

「冗談じゃなくても笑えませんね」

 

「今さら霊能力に開花されても困ります」

 

「最近は嘘に敏感な世の中ですからね。きっとインチキ霊能力者って呼ばれますよ」

 

「それで幽霊についての本を書いたら、ゴーストライターって言われるんですね」

 

「ますます死にたくなりそうですね」

 

「……それに、そういう嘘をつくなら、もっと事前に準備しておくべきですね」

 

「準備?」

 

「あなた、屋上で管理人さんと会った時、わざわざ隠れたじゃないですか」

 

「そうですね」

 

「見えないなら、わざわざ隠れる必要なんて……」

 

「どうしましたか?」

 

「……。そう、隠れたんですよね。一回目管理人さんに会った時は」

 

「……」

 

「でも、二回目会った時は、あなたは隠れていなかった。でも管理人さんは、『物騒な世の中ですから、夜道には気をつけてください』と。男女二人でいるなら、そんなことは言わない……?」

 

「あなたが気づいていなかっただけで、僕はこっそり隠れたかも知れませんよ」

 

「……でも、あなたはマックで何も食べなかった。そして、席取りもしなかった。じゃあ、あの店内で感じた視線って……」

 

「気づいちゃいましたか」

 

「え?ちょ、ちょっと待ってください。私、周りから見たらずっと一人で話してたってこと?」

 

「だから言ったじゃないですか。早く食べて店から出ましょうって」

 

「あの流れで分かるわけないです!」

 

「あらら、大丈夫ですか?今までで一番凄い顔してますよ」

 

「恥の多い生涯を送って来たって自覚はあるけど……うぅ……。いえ、待ってください」

 

「まだ何か言いたいことでも?」

 

「あなたが幽霊なら、触れることは出来ませんよね?」

 

「さあ?どうでしょう?案外そんなこともないかも知れません」

 

「……」

 

「あの、目つきが怖いんですけ……どおぉっ!?」

 

「わわっ……ほ、本当にスケスケだ……!」

 

「いやいや。なんで殴ったんですか?生きてたら鼻が曲がってるとこでしたよ」

 

「……なんとなくです。ていうか、瑣末なことはどうでもいいです」

 

※瑣末(さまつ)

重要でない、小さなことであるさま。些細。

 

「わりと重要だと思うんですけどね」

 

「ていうか、なんで最初に教えてくれなかったんですか?おかげで恥をかいたじゃないですか」

 

「いいじゃないですか。どうせ結末は見えてるんだから」

 

「そういう問題じゃないです」

 

「やはり色々と難しい人ですね。あなたは」

 

「いいから私の質問に答えてください」

 

「いやあ、単純に信じないだろうなって思って。自己紹介で、いきなり幽霊だって言って信じますか?」

 

「まずあなたは、私に素人童貞ってことしか教えてません」

 

「あはは。これはうっかり。でもやっぱり自己紹介をしても、絶対にあなたは信じなかったでしょう?」

 

「それは間違いありません。でも管理人さんが屋上に来た段階で、説明は出来たはずですよね?」

 

「あそこらへんはテンション上がっちゃって……思わず自分が生きてると錯覚しちゃったんですよ」

 

「死んでるのにテンション上がっちゃうんですね」

 

「僕の場合はね。他の人は知りません」

 

「……でも、どうして私にはあなたが見えるんですか?」

 

「それについては本当に分かりません」

 

「本当に?」

 

「命を賭けてもいいですよ?」

 

「バカ」

 

「僕もこんなことは初めてなんです」

 

「こんなこと?」

 

「死んでから、人と話すのが」

 

「……」

スポンサーリンク

「僕が死んでから何年経っているのか。それは分かりません。ですが、少なく見積もっても五年は経過してるはずです」

 

「幽霊歴、結構長いんですね」

 

「ええ。でも初めてだったんですよ。僕が話しかけて反応をしてくれたのは。しかも、僕の姿が見えてるなんてね。奇跡かと思いましたよ」

 

「奇跡、か」

 

「どうしました?」

 

「……誤解して欲しくないから先に言っておきます。私は、あなたみたいな意味不明な人は嫌いです」

 

「幽霊ですよ」

 

「うっさいです。男のくせにイチイチ細かい」

 

「あっ、今のは問題発言ですよ!」

 

「話が進まないから、そういうのはいいです。ついでに言うと、私は気遣いというのが出来ません。でも、あなたのことが少しだけ可哀相だと思いました」

 

「どうして?」

 

「あなたのことが見える人間、それが私だったから。あなたが無類のおしゃべり好きだってことは、私でも分かります」

 

「続けてください」

 

「せっかく自分のことが見える人間が、私のようなろくでもない女で。……少しだけ申し訳ないと思いました。どうせなら、もっと楽しい人と出会えた方が良かったですよね?」

 

「……」

 

「言っておきますけど、少しだけしか申し訳ないって思ってませんから。変な勘違いはしないでくださいね」

 

「……僕は、あなたで良かったと思いますよ」

 

「なんです?口説きにかかってるんですか?素人のくせに生意気です」

 

「あはは。言われたことありません?」

 

「何をですか?」

 

「言動がキツイって」

 

「……」

 

「考え込まなくても、心当たりは沢山あるんじゃないですか?」

 

「いいえ。あなたが初めてです」

 

「嘘、ではなさそうですね」

 

「私、普段はそんなに喋らないんです。人と話すと、凄い疲れるっていうか、当たり障りのないことしか言えないし、本音を話せる友達もいません。あなたに話しかけられた時は、もうなんか、全てがどうでもよくて。こんな風に誰かに酷いこと言ったのは、たぶん初めてです。話しかけてくれたのが、あなたで良かったかも知れません」

 

「え?もしかして、僕を口説いてるんですか?」

 

「くたばれ」

 

「やだなあ。とっくに死んでますよ」

 

「……答えたくないなら、答えなくて結構ですが」

 

「ん?」

 

「あなたはどうやって死んだんですか?」

スポンサーリンク

「ああ、自殺です」

 

「あなたが?」

 

「意外ですか?」

 

「よく分かりません。続きを話してください」

 

「……実は僕も、このマンションの住人だったんですよ」

 

「まさか、ここで死んだんですか?」

 

「自分の部屋のベランダでね」

 

「飛び降りたんですか?」

 

「違います。僕の住んでた階は三階でしたので、死ねない可能性があったんです。だから確実に死ぬために、首吊りをしたんですよ」

 

「首吊り……」

 

「飛び降りるより、首吊りの方が確実なんですよ。ベランダから飛び降りるようにすれば、間違いなく死ねます」

 

「どうして自殺なんてしたんですか?」

 

「あなたと似たような理由だと思いますよ。でもまあ、簡単に言うと、ここじゃないどこかへ行きたかったんでしょうね」

 

「天国とかですか?」

 

「あるいは地獄だったかも知れません。でも、首を吊って次に目が覚めた時は絶望しましたよ。なぜかこのマンションの目の前にいたんですからね。最初は自分が死んだかどうかさえ分かりませんでしたよ。幽霊になったというよりは、透明人間になった気分でしたね。しかも、幽霊ってかなり不便なんですよね」

 

「不便?」

 

「扉とかはすり抜けられるんですけど、壁とかはすり抜けれないんですよ」

 

「へえ。意外ですね」

 

「空を飛べたりするんじゃないかって思ったんですけど、そんなことも出来ませんし。写真に写ったり出来るんじゃないかと試したこともあるんです」

 

「写れたんですか?」

 

「分かりません。確かめられませんでした。あと、温泉で女湯に入ろうとしたこともあったんです」

 

「……その話は聞かなきゃダメですか?」

 

「意外なことに、僕はのれんをくぐれなかったんですよ」

 

「どういうことですか?」

 

(続く)自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 3/3

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ