とある公立高校屋上の開かずの扉

鍵

 

地元にある公立の高校での話。

 

昔は生徒が荒れていて、

 

教師が校舎の屋上から

飛び降り自殺するのが相次いだ。

 

(生徒による教師いじめで、

ノイローゼになったらしい)

 

以来、屋上への扉には鍵が掛けられ、

絶対に入れなくなっている。

 

その扉の前にある階段の踊り場は、

煙草を隠れて吸える絶好の場所だった。

 

その日も友達と二人で授業をサボり、

踊り場で煙草を吸いながら喋っていた。

 

・・・すると、

 

誰かが階段を上って来るのが

上から見えた。

スポンサーリンク

もし、扉を開けてもらっていたら・・・

慌てて煙草の火を消し、

上って来る人物が誰かと見ていた。

 

「なんだ、お前達授業はどうした」

 

ほっとした。

 

用務員の白髪のじいさんだった。

 

「ああ、ちょっと・・・」

 

ヘラヘラ笑って誤魔化すと、

 

「お前ら屋上に出たいのか?」

 

そう言いながら作業ズボンのポケットから、

束になった沢山の鍵を取り出した。

 

顔を覚えられて担任に言われたらヤバイと思い、

 

「いえいえ、もう行かないと・・・」

 

と言いながら俺達は立ち上がり、

逃げるように階段を降りた。

 

休み時間にクラスの奴らに話すと、

屋上に出られるなら出てみたいと言う。

 

なので学校中を探したんだけれど、

あのじいさんは何処にもいなかった。

 

帰ったのかと先生に訊いてみるも、

そんな用務員さんはいないと言われた。

 

確かに、いつも見かけるのは一人だし、

じいさんくらいの歳でも白髪でもない。

 

それと、もうひとつ。

 

屋上の扉は鍵を掛けられ閉鎖されたが、

もう何十年と鍵を紛失したままらしい。

 

どうせ開かない様にしているんだからと、

鍵を新しくすることもなかったそうだ。

 

あのじいさんは何者だったのか・・・

もし、扉を開けてもらっていたら・・・

 

「お前ら屋上出たいのか?」

 

じいさんのあの言葉を思い出す度に、

心底ぞっとする。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③【5月】

アクセスランキング

このページの先頭へ