自身の葬儀の準備まで手伝う祖母

湯のみ

 

これは、友人の話。

 

実家の祖母が急死した。

 

慌てて帰郷し、なんとか通夜には間に合った。

 

一息つく間もなく、翌日の葬儀の準備を手伝わされたという。

 

葬儀社との打ち合わせを終え、湯呑みを掻き集めていた母の手伝いに向かう。

 

先に話した折、湯呑みの数が足らないと頭を抱えていたからだ。

 

「お母さーん・・・って、あれ?」

 

意外にも、母はきちんと湯呑みを揃えていた。

スポンサーリンク

お義母さんがね・・・

食堂の大机の上に、柄の揃った湯呑みが丁寧に並べられている。

 

なぜか母はその前で、呆けたように座っていた。

 

「よくこれだけ同じ柄の物を集められたね」

 

労って声をかけると、母は首をふるふると振った。

 

「お義母さんがね、お義母さんがね、蔵から出してくれたの」

 

何を言っているのか、まったく分からない。

 

母がお義母さんと呼んでいたのは死んだ祖母だけだ。

 

祖母は今、通夜が開かれた広間でそのまま安置されている。

 

「湯呑みが足りなくてね、お隣さんから借り集めようかと思案していたら、ガラッと戸が開いて、お義母さんが、お義母さんが入ってきたの。

 

びっくりして声をかけたのだけど、何の反応もなくて、奥の方へスーッと。

 

あなた達は打ち合わせでいなかったから、慌てて私一人で追いかけたのね。

 

そうしたらお義母さん、蔵に入って隅の方から箱を引っ張り出したの。

 

中をあらためると、この揃いの湯呑みがね、入っていたの」

 

「・・・おばあちゃんは?」

 

「箱の中身を調べているうちにね、いつの間にかいなくなっちゃったの」

 

遺体の様子を見に行くから一緒に広間に行ってくれないか、そう母は頼んできた。

 

二人して恐る恐る、広間に足を踏み入れた。

 

何もおかしいところはなかった。

 

ただ、閉められていたはずのお棺の蓋が半分ほど開いていた。

 

「自分の葬儀の準備まで手伝っていくなんて、しっかり者のお袋らしいや」

 

父は平然とそう述べただけだった。

 

葬儀は何事もなくしめやかに行われた。

 

祖母が棺から起き上がるのではないかと、友人は葬儀の間中ドキドキしていたが、そのようなことはなかった。

 

少しホッとして、そして同時に少し寂しかったという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ