神様は人間のフリをして生活している

十字架

 

これは、少し不思議な体験をした時の話。

 

私は結婚後、すぐ夫の転勤で北海道へ引っ越した。

 

知り合いもなく、気持ちが沈んだ状態でいたある日、なんとなく友達の言っていた話を何度も思い出しながら道を歩いていた。

 

その話とは、『この世の中には神様が7人いて、人間のフリをして普通に生活してるんだって』というヘンな話。

 

ホントにいるのかな~、いるわけないよな~などと思いつつ歩いていると、前方から小学校低学年くらいの女の子が歩いてきて、いきなり「ただいま~!」と大きな声で挨拶してきた。

 

もちろん全然知らない子なのだけれど、あまりに元気に挨拶されたし、誰かに明るく声をかけられるのも久しぶりだったので、「おかえりなさい」と返事をした。

 

すると、その子はニコニコ笑いながらじっと私の顔を見つめてくるので、「何?」と言ったら、「私、そうだよ!」と言ってきた。

 

「何が?」と聞き返せば、「私、そうなの。じゃあね~!」と走って行ってしまった。

 

何のことだろう?と思ってしばらく考えた後、ハッとした。

 

もしかしてあの子、神様だったのかな~、今度会ったら聞いてみよう!、と本気で思った。

 

ホントに神様だったのか、何だったのか分からないけれど、ここの生活もまんざらでもないなと思い始めるキッカケになった。

 

4年後にまた転勤で東京に引っ越す頃には、住んでいた街のことが名残惜しく感じる程になっていたけれど、あの子にはそれ以来一度も会えなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ