我が校最大のミステリーを調査してみた

缶コーヒー

 

これは、我が校最大のミステリーにまつわる話。

 

俺が通う高校は、校内の裏手に小川のように水が引いてあるのだが、そこのある特定の位置のレンガの上にはいつも仏花が1本とジョージアの缶コーヒーが置かれていた

 

さてはそこで誰か死んだりしたのか?と思いきや、その花とジョージアを毎週木曜日の朝に置いているのは野球部だった。

 

その費用は野球部のOB会から寄付されており、そのOBたち自身も事情はよく分からないらしく、ただ昔からの伝統で置いているようだった。

スポンサーリンク

ジョージアの謎

そこで、校内新聞部だった俺は、みんなで我が校最大のミステリー『ジョージアの謎』についてOBを当たって調べた。

 

だが、40代や50代の古参OBが知らない一方で、1980年代半ばには、もうこの習慣があったらしい。

 

ただ、その頃は仏花を添える習慣はなく、また木曜日だけではなく毎日で、飲み物はレンガの上ではなく水中に沈めており、品目もジョージアではなくポカリスエットであり、そして1本ではなく野球部の人数分が用意されていたという。

 

そう、どうやら最初は『美味しく飲めるように清流で冷やしておく』だけだったようなのだ。

 

それが段々と小川が汚くなってきた為に、人気がなくなって需要が数本だけになり、飲みたい人だけが自前で買ってきては冷やし、いつかのタイミングで勝手に飲むようになった。

 

結果、縁の薄い一般部員からは、『あの缶は誰かに捧げている物』という誤解が加わってしまった。

 

そして1994年度、おそらく最後まで飲んでいたであろう人物が卒業したことにより缶が置かれなくなくなったわけだが、それに気付いた新部長が危機感を抱き、部費から缶代を落として設置するようにした。

 

いつしか缶の横には仏花が追加され、OB負担や木曜設置といった慣習も出来あがり、あのミステリアスな『ジョージアの謎』が完成されたのだった。

 

ちなみに、発端の1994年度の部長によれば、「それまでいつも缶コーヒーが置かれていたのでその通りにした」ということで、『ポカリの謎』ではなく『ジョージアの謎』になった原因は、前年1993年度の卒業生の嗜好だったようだ。

 

こうして『献花』という誤解が晴れたこの習慣だが、その結果途絶えることになってしまったかというとそうではなく、野球部の長い歴史に対する敬意とユーモア、そして願掛け的な意味が加わり、花の種類をもう少し楽しげなものに代えてその後も続いている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “我が校最大のミステリーを調査してみた”

  1. 匿名 より:

    怖い話とは…

コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ