豪傑なおじいちゃん

少し前に祖父と

イギリスに行って来たんですけど・・・。

 

隣のベッドの祖父が

低いうなり声を上げているのに目を覚ますと、

祖父の寝ているベッドを囲むように

白いモヤが見えて、

「これってゴーストか?」

「祖父が襲われている!」

「助けらんないし!」

と震えて見ていたのです。

 

勢いよく身体を起こした祖父は、

聞き取れないことを怒鳴り散らして

ベッドに立ち上がると、

周りの白いモヤモヤに正拳突きとか、

もうモヤモヤをフルボッコ。

 

「自分等のことは同じ国の人間に頼め」

と怒鳴ると上段前蹴り。

 

モヤモヤは霧散して、祖父はベッドに正座し

深く呼吸してから振り返ると、

「起こしたか、もう大丈夫だ寝ろ」。

 

確かに私は大丈夫というか、祖父よ、

アナタは何をしたのですか?と疑問が。

 

「じいちゃん、今の知り合いなの?」

聞いてみました。

 

寝直す体制に入った祖父が言うには、

昔の知り合い(すでに亡くなっている

英国紳士の皆さん)らしいんですが、

イギリス人の死後のことなんか

日本人の自分に分かるわけが無いのに、

色々と寝ている祖父に話しかけてきて煩いし、

孫が(私)怖がると可哀想なので撃退したそうです。

 

時々聞く、幽霊に肉弾戦って、

気合いで出来るものなんだと思うのと、

消えていくモヤモヤの一人が私を振り返って、

何となく見えた顔が困った顔をしていたのですが、

その顔は祖父によく似ていました。

 

祖父の亡くなったお兄さんでしょうか。

 

私達は祖父のお兄さんの

葬儀に参列するのにイギリスに来たんです。

 

そして祖父は、日本人の祖母に惚れ込み

結婚して帰化したけど、正真正銘の

イギリス生まれのイギリス育ちのイギリス人です。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “豪傑なおじいちゃん”

  1. 名無しの千石権兵衛 より:

    青い眼のサムライ,,,

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ