日本兵の幽霊が出ると騒動になった学校

学校

 

これは、私の知人が体験した話。

 

かなり昔になるが、知人が小学生の頃、学校で「日本兵の幽霊が出る」と騒動になった。

 

児童のみならず、保護者や教職員らにも「見た」と言う人がいた。

 

そんなある日、クラスメートの浜田の祖父が学校にやって来た。※名前は仮名

 

“気弱な波平”といった感じの老人だったが、「一晩中ここにいる」と言う。(波平=サザエさんに登場する磯野波平)

 

教職員らは老人の気弱な風貌に最初は断ったのだが、老人は強引に三晩も夜の学校にいた。

 

そしてそれ以来、日本兵は出なくなったので、『波平の幽霊退治』と子供らの話題になったらしい。

 

その知人が最近、元クラスメートの浜田と出会い、幽霊退治の後日談を聞いたそうだ。

 

あの後、多くの人が話をせがんだが、老人は何も語らなかったらしい。

 

何年か後、浜田が何気なく夜の学校は怖くなかったのか?と祖父に聞いみると、こう言ったという。

 

「覚悟を決めた軍人が幽霊になろうはずはない。よしんば、何かの理由があり心ならずも学校でさ迷っているのなら、帰る道を教えてやるつもりだった。」

 

「そうでないなら、子供達を惑わすただの卑怯者。そんなモノは恐れるに足らん。」

 

「あの時、幽霊は出なかったよ。おそらく、生きている卑怯者が子供達を惑わす為に作り話をしたのだろう。」

 

戦後、公職追放令が解除された後も、世に出ることなく静かに暮らしていた老人。

 

実は、海軍兵学校出身の”海軍士官”であったらしい。(士官=将校)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ