小さな南の島に古くから伝わる呪い

シャコ貝

 

ある小さな南の島で、

 

ボランティア活動を行っている

日本人の青年がいた。

 

彼がその地に馴染み始めた頃、

事件が起きる。

 

ある日、

 

彼が何者かに両足首と

両手首を切断され、

 

発見される。

 

幸い、

命に別状はなかった。

 

彼は、駆けつけた

ボランティア団体の役員に、

 

こう呟いた。

 

「おれは何も悪くない、

 

悪くない悪くない悪くない

悪くない悪くない・・・

 

●▲X”#$

 

最後の言葉は日本語ではなく、

どこかの言葉らしい。

 

役員がなだめ落ち着かせると、

 

彼はなぜこのようなことになったか、

ゆっくりと語りだした。

 

彼の祖父は戦時中、

兵士として出征していた。

 

当時、この島は、

日本軍の占領下であった。

 

軍も制圧したが、

いまだ残党が残っており、

 

祖父も残党狩りに

借り出された。

 

ある日、

 

リーダー格の男が

捕らえられた。

 

その男は見せしめに、

兵士からの虐待を受けた。

 

男は海岸に連れて行かれ、

 

浅瀬にいるシャコ貝に無理やり

手足を突っ込まれたのだ。

 

シャコ貝はビックリして

貝殻を閉じる。

 

万力で潰されているような

激しい痛みが男を襲う。

 

そのまま男は放置された。

 

潮が満ちてきても、

 

溺れないようにと

筒で呼吸をとらせた。

 

祖父は男の見張りを

命じられた。

 

男は怒り狂い、

何かをひたすら叫んでいた。

 

日が経つにつれ、

 

だんだんと男は

大人しくなった。

 

ある日、祖父が横で

食事をしていると、

 

男が話し掛けてきた。

 

言葉は分からないが、

どうやら腹が減ったらしい。

 

泣きながら懇願してくるので、

 

思わず祖父は食事を

与えてしまった。

 

しかし、

 

その少々の善意が

(あだ)となった。

 

祖父が男に食事を

与えているところを、

 

他の兵士に見られて

しまったのだ。

 

祖父は非国民だと責められ、

 

罰として己の腹を掻っ捌くか、

男の命をその手で絶つか、

 

選ばされた。

 

もちろん、

祖父は死にたくない。

 

男を直接、

手にかけることにした。

 

祖父はノコギリを手渡され、

 

まず手首を切断するよう

命じられた。

 

手首に刃を押し当て、

ギコギコと切り出す。

 

しかし、

 

渡されたノコギリが

錆びていた。

 

しかも、

 

傷口から噴出す

血と油で滑って、

 

なかなか切れない。

 

男はノコギリの動きに合わせ、

悲鳴を上げる。

 

2時間が経過した。

 

いつのまにか、

潮が満ちてしまった。

 

水中では、もう

切ることは出来ない。

 

「また明日にしよう」

 

他の兵士が言った。

 

次の日、

祖父は汗だくになりながら、

 

なんとか片方の手首を

切断した。

 

「よし、次は左だ」

 

言われるがままに、

 

祖父はもう片方の手首を

切断し始めた。

 

ににゅににゅににゅ・・・・・・

・・・・・・ぎこぎこぎこ・・

 

皮膚と筋肉が切断され、

 

骨が見えてくると

音が変わってくる。

 

ぎこぎこぎこ・・・・・・

・・・・・ごりゅごりゅごりゅ・・

 

潮が満ちる前に両手首を

切断することが出来た。

 

「よし、次は足だ。

明日も頑張れよ」

 

いっそ、ひと思いに殺して

やればいいものを・・・

 

そう思ったが、

 

祖父に訴える勇気は

なかった。

 

次の日も、祖父は汗だくで

作業を行った。

 

もはや作業としか

言いようが無かった。

 

男はすでに発狂している。

 

「●▲X#$・・・」

 

何かを呟いていた。

 

結局、両方の足首を

切断する前に、

 

男は筒から呼吸することが

出来なくなり、

 

溺死した。

 

遺体から首を切断したところで、

祖父は解放された。

 

その後、戦争は終わり、

祖父は帰国する。

 

「あの時、みんな

どうかしてたんだ」

 

青年は、繰り返しその話を

聞かされていたのだという。

 

この島を訪れた青年は、

 

何か祖父の罪滅ぼしに

なればと、

 

ボランティア活動に

参加したのだという。

 

その矢先だった。

 

彼は何者かに両手足首を

切断された。

 

手足を切断された青年は

島の病院に入院していたのだが、

 

しばらくして姿を消してしまう。

 

何日かして再び発見された時は、

異様な様相であった。

 

遺体は二枚貝のように

折り畳まれ、

 

それを囲むように、

 

切断された手と足と首が

シャコ貝の貝殻に入れられ、

 

置かれていた。

 

遺体の胸には、

 

『●▲X#$&・・・』

 

と意味不明の文字。

 

原因は何なのか?

 

役員は島民に聞いて回ったが、

 

この事件に対し、

島民は皆、口を閉ざす。

 

ある老人から、

古い手紙を受け取った。

 

戦時中に虐待され殺された

男が書いたものだという。

 

『日本人の孫が来たら、

これを渡せと言われた』

 

老人は現地の言葉でそう言った。

 

そこには、

 

青年の背中に書かれた

文字が記されていた。

 

島に古くから伝わる

呪いの言葉だそうで、

 

島民でもあまり知る者はいないという。

 

その横に小さく、

 

『見ろ、お前の孫は死んでるぞ』

 

と書かれていた。

 

青年の祖父に宛てて

書いたような文面で。

 

後日、

ボランティア団体は島から撤収。

 

間もなくして、

 

青年の妹が、

日本の自宅で謎の怪死。

 

自室で発見された時、

 

体が反対側へ折り曲げられ、

二枚貝のようであったという。

 

どうやってそのように

なったのかは不明。

 

両親に疑いがかかったが、

発狂して病院送りに。

 

さらに、手と足と首は、

水槽の中に入れられていた。

 

二枚貝みたいな死体・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ